「2025年の崖」を前に、多くの企業が積極化しているデジタルトランスフォーメーション(DX)への取り組み。だが、このDXも、従来のIT活用のような局所的・単発的な視点で捉えていては、「新たなレガシー」を再び生み出すだけに終わってしまう。この轍を踏まないためには、どのようなアプローチが必要なのか。アビームコンサルティングは、令和の時代に求められるデジタルジャーニーのあり方と、そのための方法論を提唱している。

令和のDX推進に求められるのは新たなレガシーを生まない仕組み

ビジョン、ルール、プロセスを明確に意識したアプローチが重要

企業同士の接続で価値を生む Digital Societyを目指す