荏原製作所が国内の事業改革にRPAを活用 業務の集中集約化で大幅な効率化に成功 風水力事業などを手掛ける荏原製作所では、主力事業の1つである国内標準ポンプ事業の業務改革を実施。業務の集中集約化を図るための手段として、RPAツールの導入を行った。ここでは高度なセキュリティと統合管理機能を備えた「Blue Prism」を採用することで、内部統制にかかわる重要業務にも適用できる柔軟な自動化環境を実現。業務効率を大幅に高めると同時に、投資対効果の面でも大きな成果を得ている。

RPAへの投資対効果を最大化するために必要なこと

国内向け事業の業務改革にBlue Prismを新たに採用

業務プロセスを抜本的に改め自動化の効果を最大限に発揮