「WOMAN EXPO TOKYO 2019」
プレイベント
シーザーズ・エンターテインメント Presents
「女性発 地方創生フォーラム」
開催

女性が活躍する社会に向けて、日本経済新聞社と日経BP社が毎年開催している「WOMAN EXPO TOKYO」。今回で第6回を迎える同イベントのプレイベントとして、5月17日(金)、東京ミッドタウンで「女性発 地方創生フォーラム」が開催されます。協賛は、統合型リゾート運営企業のシーザーズ・エンターテインメント。女性の活躍や地方創生といった分野で活躍するパネリストを迎え、講演やディスカッションを通して、新しい時代の地域活性化のあり方を考えるイベントです。

SPEAKERS

  • シーザーズ・エンターテインメント
    エグゼクティブ・バイス・プレジデント(政府渉外・CSR担当)
    ジャン・ジョーンズ・ブラックハースト

    女性市長として女性が活躍する地域創生を実践

    1991年にラスベガス市初の女性市長に就任し、2期8年の任期中には同市を訪れる観光客数を1500万人から3400万人に引き上げました。同市の経済成長に寄与し、現在でも人気のある市長として人々に記憶されています。99年にシーザーズ・エンターテインメントに入社。市長時代からジェンダー公平性の実現に注力しており、シーザーズでは、2025年までに、男女間の賃金格差をなくしていくという目標「50/50 by 2025」を掲げ、マネジャーやディレクター、役員クラスなど各レベルにおける賃金格差や昇進、採用等での格差是正を推進しています。また、シーザーズ財団の代表としてコミュニティ強化支援に力を入れ、13年以来の財団の寄付総額は6600万ドルとなっています。
    全米商工会議所理事、ネバダ州リゾート協会理事、ハーバード大学ビジネススクール女性リーダーシップ委員等、数多くの組織にて理事職や委員を務め、「ラスベガスの100年に影響を与えた女性賞」「CSR特別功労者賞」「ダイバーシティー・ヒーロー賞」等の数多くの賞を受賞。14年に全米ゲーミング協会では女性として初の殿堂入りを果たしました。

    職場のダイバーシティ、企業の環境責任など社会的に重要な問題への取り組みで知られ、政治・ビジネスのリーダーとして多くの功績を残しています。
    市長の時代から力を入れてきたジェンダー公平性の実現を目指し、シーザーズでは、25年までに、男女間の賃金格差をなくしていくという目標「50/50 by 2025」を掲げています。マネジャーやディレクター、役員クラスなど各レベルにおける賃金格差や昇進、採用などの面での格差を是正していく取り組みです。

  • 以下五十音順

    株式会社トラストバンク 代表取締役
    須永 珠代

    ふるさと納税を通じて地域の活性化を支援

    須永珠代氏は、大学卒業後、ITベンチャー勤務、ウェブディレクター、コンサルタントなどの職を経て、2012年4月、「ICTを通じて地域とシニアを元気にしたい」というミッションを掲げてトランスバンクを設立しました。当時はまだ一般的ではなかったふるさと納税に着目し、この制度が活性化すれば地域に活力が生まれるとの想いから、同年9月にふるさと納税総合サイト「ふるさとチョイス」を開設。現在は、ふるさと納税に関連するセミナー、メディア事業など、地域活性化のための多様な事業を展開しています。日経WOMAN「ウーマン・オブ・ザ・イヤー2016」大賞を受賞。著書に、『1000億円のブームを生んだ 考えぬく力』(日経BP社)。

  • パシフィコ横浜 代表取締役社長
    中山 こずゑ

    民間・行政で培ったグローバルマインドで地方を活性化

    中山こずゑ氏は、慶応大学大学院で修士号を取得後、日産自動車に入社。商品企画部門に所属し、世界各地のモーターショーへの出展を通して、ブランド戦略やグローバルマインドを培いました。同社のブランドコーディネーションディビジョン副本部長時代に出会った林文子横浜市長の誘いで、横浜市都市経営局に理事として入庁、2012年からの6年間は文化観光局長を務め、観光客数や経済効果の増大に貢献しました。18年、文化観光局長時代から社外取締役として関わっていたパシフィコ横浜の代表取締役社長に就任。ほかにも、多摩大学大学院客員教授としてインバウンドマネージメントを担当。民間企業と公的機関で、グローバルビジネスの最前線のポストを歴任した経験を生かした運営に取り組んでいます。

  • 日本総合研究所 主席研究員
    藻谷 浩介

    徹底した現場主義とデータ分析で地域課題を研究

    藻谷浩介氏は、東京大学法学部卒業後、1988年に日本政策投資銀行(当時は日本開発銀行)に入行、92年には派遣留学で米国に渡り、コロンビア大学経営大学院でMBAを取得しました。これまでに日本の全市町村と海外106カ国を自費で回り、地域ごとの特色や経済事情を多面的に調査、持続的な社会を目指す循環再生システムとしての「里山資本主義」や、女性の就労と経営参画の重要性を提唱しています。現在は、日本総合研究所で主席研究員を務めるほか、政府関係の公職も多く務め、地域振興、人口成熟問題、観光振興といった課題をテーマとした研究、講演、著作活動を行っています。主な著書に、『デフレの正体』『里山資本主義』(KADOKAWA)などがあります。

PROGRAM

  • 13:00~13:05

    主催者挨拶

  • 13:05~13:45

    【講演】
    Caesars’ Road to 50/50 by 2025
    〜地域社会のジェンダー公平性実現に向けて〜

    シーザーズ・エンターテインメント エグゼクティブ・バイス・プレジデント
    ジャン・ジョーンズ・ブラックハースト氏

  • 13:45~14:15

    【講演】
    横浜発地方創生
    ~横浜は地方なのか?

    パシフィコ横浜
    代表取締役社長
    中山 こずゑ氏

  • 14:15~15:00

    【パネルディスカッション】
    地方の活性化に必要な条件(仮)

    《パネリスト》

    シーザーズ・エンターテインメント エグゼクティブ・バイス・プレジデント
    ジャン・ジョーンズ・ブラックハースト氏

    《パネリスト》

    パシフィコ横浜
    代表取締役社長
    中山 こずゑ氏

    《パネリスト》

    株式会社トラストバンク
    代表取締役
    須永 珠代氏

    《ファシリテーター》

    日本総合研究所
    主席研究員
    藻谷 浩介氏

  • 15:00

    終了予定

SCHEDULE

開催日時
2019年5月17日(金)13:00~15:00(12:30開場)予定
会場
東京ミッドタウン ホール&カンファレンス ホールB-2
(〒107-0052 東京都港区赤坂9-7-2)
http://www.tokyo-midtown.com/jp/access/public-transport/

「女性発 地方創生フォーラム」は、女性はもちろん、男性のご参加もお待ちしています。女性の活躍に軸を置いたイベントですが、男性が参加し、共に可能性を探ることで、より意義を深めることができます。ぜひ一緒に考えましょう。

お申し込み・詳細はコチラ

お問い合わせ

シーザーズ・エンターテインメント・コーポレーション
〒106-0032 東京都港区六本木7-7-7 LEVEL 8, TRI-SEVEN ROPPONGI