経営課題解決シンポジウム ~ セキュリティ編 ~ 最新・情報漏洩対策 Review サイバー攻撃は企業経営に深刻なダメージ 経営・マネジメント層が今知るべき実情と対策とは 世界中で増加し、多様化を続けるサイバー攻撃。そのビジネスインパクトは増す一方だ。経営者の油断を突く「ビジネスメール詐欺」や家庭などにあるIoT機器を遠隔操作して企業のオンラインサービスに攻撃を仕掛ける「分散型サービス妨害攻撃」など、日本国内でも実被害が相次いでいる。こうした身近になった危機に経営層はどう対処していくべきなのか。経営課題解決シンポジウム .セキュリティ編.では、サイバー攻撃の動向をはじめ、侵入防御や侵入後の事業継続の方策、最新のソリューションが紹介された。ここではその内容を紹介したい。

基調講演 サイバー脅威は事業活動にかかわるリスク 経営層の正確な状況認識がポイントに 株式会社サイバーディフェンス研究所 専務理事/上級分析官 名和 利男氏

特別講演 情報セキュリティ10大脅威の最新動向 その対策と経営者が果たすべき役割とは 独立行政法人情報処理推進機構 セキュリティセンター 脆弱性対策グループ 研究員 土屋 正氏