日本企業は独自の強みを持っています。今、何もせずに立ち止まっていることがリスクとなります――。こう指摘するのは、過去30年間に多種多様な業種の顧客企業を支援してきたエクサを率いる千田 朋介氏だ。同社は現在、顧客企業のデジタルトランスフォーメーション(DX)を推進するサービスに注力。本講演では、同社が手がけた様々な企業事例を交えつつ、DXを成功に導くためのポイントが解説された。

潜在的な競争力が大きな日本企業 最大のリスクは立ち止まること

AI/ IoTを活用したデジタル革新 「知の伝承」を実現する仕組みを確立

モダナイゼーションで維持費を半減 余力が生まれた予算をDXへ投資

5つの力と先進デジタル技術で多種多様な顧客企業のDXを実現