日経ビジネスオンラインスペシャル

  • いま注目の監査トレーニー制度 現場のプロフェッショナルから直接学んで働きながら公認会計士試験に合格

  • 現場のプロフェッショナルから直接学んで働きながら公認会計士試験に合格

  • EY新日本有限責任監査法人 第3事業部所属/シニア 小島 緑氏 × EY新日本有限責任監査法人 トレーニー1期生 第3事業部所属/スタッフ 中村 友美氏

いま注目の監査トレーニー制度 現場のプロフェッショナルから直接学んで働きながら公認会計士試験に合格

学生時代ならまだしも、社会人になってから公認会計士試験合格を目指すのは厳しい道だ。
EY新日本有限責任監査法人(EY新日本)の「監査トレーニー」制度は、
働きながら合格を目指すものにとって福音に違いない。
サポーターと呼ばれる先輩がマンツーマンでつき、業務量を調整したり、勉強方法をアドバイスしたり、
合格までの道のりをサポートしてくれるというのだ。
第一期生の合格者とサポーターに、制度の魅力について話を聞いた。

学生時代からの夢を社会人になってからかなえる
公認会計士試験一発合格の秘密

学生時代からの夢を
社会人になってからかなえる
公認会計士試験一発合格の秘密

EY新日本

——監査トレーニー制度の第一期生である中村さんは、いつごろから公認会計士を目指していたのですか。

中村 実は学生時代から目指していました。社会人になってからも勉強を続けていましたが、残念ながら合格が叶わず、そんな中でEY新日本が監査トレーニー制度で正社員を募集しているのを知り転職しました。入社して最初の試験で合格できたのです。

——これまでの勉強と何が違っていたのでしょうか。

中村 一番大きかったのは監査の実務を経験しながら勉強したことかもしれません。勉強する内容と実務がつながることで、会計への理解が深まったと思っています。たとえば実務では、監査の対象となる企業が、なぜこのような会計処理を行っているかというのを分かっていなければなりません。公認会計士試験の問題でも、会計処理の理由を問われるのです。実務経験が生きたと感謝しています。

——監査トレーニー制度では本人の努力もさることながら、「サポーター」と呼ばれる先輩の存在が大きいと聞きますが。

小島 私は中村さんのサポーターでした。ただ、試験対策までは口を出していないのです。最新の会計知識や、どのような出題傾向があるかなど、受験対策はプロである予備校を頼るのが一番効率的であると考えています。彼女がより勉強しやすい環境にすることが私に与えられた役目です。具体的には、残業をさせないようにするだけでなく、生活リズムが一定になるように、監査業務を担当する企業をできるだけ固定化するなどして配慮しました。

中村 残業がなかったことはありがたかったです。また予備校の学費も6割負担してもらえたので、非常に助かりました。定時の17時半になると、仕事の途中でも帰宅をうながされました。おかげさまで勉強時間がたっぷり取れたのです。仕事のことを気にしながら受験勉強しなくて済んだのは大きなメリットです。そのうえ正社員で給料をもらっているわけですから、早く合格して戦力にならなければというプレッシャーがありました。そのことが、私のモチベーションアップにもつながったと思います。

小島 監査トレーニーであったころから、中村さんはチームにとっても貴重な戦力でした。それだけに周囲もつい、仕事をお願いしたくなる。それでは勉強の時間が確保できません。私は間に入って、中村さんがどういう状況にあるのかを説明して、時間外は試験勉強に専念してもらえるように、環境を整えることに努めました。

中村 同じ事業部のみなさんには、残業をはじめとしていろいろと気を遣っていただきました。ふだんの何気ない雑談の中でも、勉強のやり方についてアドバイスをもらったりしていました。実際に公認会計士試験に合格した方々の生の声ですから、とても参考になったのです。

小島 結局、私一人の力ではなく、同僚であるチーム全員が中村さんを助けて合格させようという雰囲気だったのではないでしょうか。支えているのはサポーターに限らなかったのです。その意味では、単なる会社の後輩とは違うと思います。合格の知らせを聞いたときは。まるで自分のことのようにうれしく、誇らしく思いました。チーム全員が同じ気持ちだったに違いありません。

中村 私が目標にする小島さんからそう言っていただくと、とてもうれしいです。

短答式の合格者以外にも門戸開放
時短や週4日勤務にも対応など幅広いサポートで人気

短答式の合格者以外にも門戸開放
時短や週4日勤務にも対応など
幅広いサポートで人気

EY新日本

——公認会計士になる前から実務に携わっていましたが、合格後は何か変わりましたか。

中村 業務内容はそれほど大きく変化していません。一番の違いは、受験勉強の必要がなくなったことで、その分本来の仕事に力を集中させられます。もしかすると合格前は、公認会計士の人たちに、気後れするというか、何か見えない壁のようなものを作って、コミュニケーションする点で問題があったかもしれません。いまは自分も会計士となり、堂々と胸を張って業務を遂行できています。

——トレーニー制度に似た受験者支援をする監査法人もありますが、EY新日本ならではの部分はどこでしょう。

中村 サポーターによるきめ細かな支援が一番かと思いますが、受け入れの門戸が広いのも特徴です。ほかのところでは、論文式試験を受ける前段階のマークシート式(短答式)の合格者を採用するところが多いと思いますが、当法人ではその条件を課していません。短答式に合格していなくても、会計士を真剣に目指している方には応募するチャンスがあるのです。

——公認会計士を目指す人へメッセージをいただけますか。

中村 どうしても公認会計士試験に合格したいという強い意志があるなら、検討する価値が十分ある制度だと思います。仕事をしながら、併行して受験準備をしたい人にとっては、これ以上望めない制度でしょう。正社員として仕事ができ、さらに経験豊富な先輩たちのサポートが受けられる。自分だけでなく周りも真剣になってくれるので、絶対合格してやろうというモチベーションが自然にわいてくるのです。

小島 トレーニー制度創設から、早いもので3年が経過して、法人内でこの制度の存在が広く認知されるようになりました。早期合格をサポートする制度として、残業が免除されるだけではなく、時短勤務や週4日勤務も選択できるのですが、周囲の理解が深まり、より利用しやすくなってきたと思います。これだけの環境は整っているので、やり抜く覚悟があれば合格は遠い将来の目標ではありません。事実、中村も入社後最初の受験で見事に合格しました。公認会計士という仕事に興味がある人なら、現場のプロフェッショナルと実務経験を重ねながら効率よく勉強をして、いち早く合格することを目指しましょう。

EY新日本 公式サイトへ

EY

EY新日本有限責任監査法人

〒100-0006 東京都千代田区有楽町一丁目1番2号 東京ミッドタウン日比谷 日比谷三井タワー
TEL:03-3503-1100(代表)