日経ビジネス

Business Fashion Style 2019 Autumn & Winter

企業の働き方改革が進む中、ビジネスパーソンのファッションスタイルもまた大きく多様化している。スニーカー通勤やWarm Bizといったカジュアル化が進行する一方、仕立ての良いスーツやジャケットは品格を高め、自分自身を演出するアイテムとして変わらず重要な存在だ。「属する『組織』の名前ではなく、『個』のブランディングが求められる今、服装はビジネススキルでありコミュニケーションツールともいえる。」そう語るのは働き方コンサルタントの越川慎司氏。大切なのはシチュエーションに合わせながら、自分らしさを表現することだという。
ここでは、そんな多様性の時代に求められる『ビジネスパーソンの身だしなみ』について解説していく。

Relative Contents