作家・ジャーナリスト 佐々木 俊尚氏と描くデジタルビジネスの未来地図 第2回:働き方改革

必要なのは経営者のマインドチェンジ“働かせ方改革”を脱却し効果を上げる

少子高齢化によって人手不足が進む中、日本企業の重要ミッションになっている「働き方改革」。しかし、取り組みは進めているものの、なかなか成果につなげられないケースは多いようだ。その背景には、企業経営者が、働き方改革の本質を捉えきれていないことが関係している。今必要な考え方や、具体的な取り組みとはどのようなものなのか。作家・ジャーナリストの佐々木 俊尚氏と、富士通のエバンジェリスト 松本 国一氏が語り合った。

デジタルで新たな価値を創造する「FUJITSU Digital Business Platform MetaArc」

ビジネスを大きく変えつつあるデジタル技術。従来のITは業務効率化やコスト削減に貢献してきたが、これからは製品やサービス、ビジネスプロセスに直接組み込まれ、顧客満足度向上や収益拡大に貢献する存在になることが期待されている。

一方、新しいことを実現するための仕組みをつくる難しさや 、それを扱える人材の不足、実証実験に時間がかかりすぎる、インフラが乱立して運用コストが増大するといった問題が、デジタル革新を阻害する要因となっている。

これらの問題を取り除き、イノベーションを加速するため富士通が提供するのが「FUJITSU Digital Business Platform MetaArc」だ。これはAIやIoT、モバイル、クラウドといった先進的なテクノロジーを実装し、設計から構築、運用に至るまでを一貫してサポートするプラットフォーム。富士通が蓄積してきたシステム構築の知見・ノウハウをベースに、デジタル革新に必要なサービスを提供している。

先進テクノロジーのメリットを余すところなく取り込み、ビジネスを加速する――。FUJITSU Digital Business Platform MetaArcが、競争力強化に向けた強力な武器になるはずだ。

PAGE TOP

関連リンク

お問い合わせ

富士通コンタクトライン(総合窓口)

TEL:0120-933-200
受付時間 9:00~17:30(土・日・祝日・当社指定の休業日を除く)
富士通株式会社 〒105-7123 東京都港区東新橋1-5-2 汐留シティセンター
URL:https://www.fujitsu.com/jp/metaarc/