全社展開を阻む「RPAあるある」原因と解決のポイントとは RPAの導入が広がりを見せる一方、思うように全社展開が進まず、成果が限定的になってしまう企業も少なくないようだ。それらの企業がつまずいた要因を見ていくと、「ロボットが頻繁に止まる」「開発・運用人材が足りない」など、陥りがちな典型的なパターンが見えてくる。この「RPAあるある」をいかに克服するかが、RPAの成果を最大化する上で大きなポイント。課題の原因を考察し、それを解決するための秘訣を紹介する。