日経ビジネス
Business Fashion Style 2019 Autumn & Winter
伊勢丹メンズ館が提案!
高品質と価格を両立した必携ビジネスアイテム

伊勢丹メンズ館が挑戦するハイコストパフォーマンスなビジネスシューズ

 かつて著名な服飾評論家が「まず投資すべきは靴である」といった。靴は服よりも流行に左右されることが少ないため、上質なものを手入れしながら長く履くことが美徳とされたからだ。高級ブランドの本格革靴は10万円前後が相場と言われる。だが人工皮革の安価な靴なら1万円を切るものもある。価格帯が幅広い革靴の世界、果たして多くのビジネスマンにとっての適正価格とはどこに設定すべきだろうか。

 靴は価格によって、パフォーマンスが大きく異なるアイテムである。安価な靴は足入れが痛かったり、靴底が剥がれたり、何かと不便が生じがちだ。だが誰もが高価な靴をそうやすやすと買えるものではない。結論を急げば、普段スーツで通勤する一般的なビジネスマンが、きちんとメンテナンスをしながら履く革靴の適正価格は3万円前後が妥当だ。これより安い靴は革質や製法に不安が否めないからだ。

 この秋、伊勢丹メンズ館が適正価格かつコストパフォーマンスに優れる革靴を発表している。PBの革靴は数年休止されていたのだが、改めてデザインと革素材、製法や工場を吟味し直しリローンチされた。この靴がじつによく出来ているのでご紹介しよう。

2万円で手に入る軽快なマッケイ製法の履き心地

2万円で手に入る
軽快なマッケイ製法の履き心地

 2万円の靴と聞くと、革はぎりぎり本革だとしても、安価で量産は効くが耐久性に不安があるセメント製法を想像するだろう。だがこの靴は紛れもなく牛革を使いながら、伝統的なマッケイ製法で作られている。

 「マッケイ」とはもともとイタリア伝統の製法で、甲革と中底、本底を通し縫いする製法のことだ。コバの張り出しの少ないスマートなフォルムと、屈曲性に優れるため履き心地が軽く、歩きやすい靴に仕上がる。これを国内メーカーと協業したのがこのシリーズだ。靴のデザインの元となる木型は新進気鋭のビスポーク職人が担当。スマートなフォルムに小ぶりなヒールの組み合わせは、高級靴ブランドが手掛けるビスポークシューズを思わせるデザイン。伊ビブラム社のラバーヒールを採用することで、摩耗を少なくしている。

 本格的なドレス靴の履き心地を味わえるうえ、見た目も美しくビジネスシーンだけでなくパーティや冠婚葬祭にも履ける仕上がり。ストレートチップ、パンチキャップ、プレーンの3種のデザインがラインナップされる。

ドレスシューズ 2万円(イセタンメンズ)(すべて伊勢丹新宿店メンズ館地下1階=紳士靴/TEL:03-3352-1111)

3万円で耐久性に優れる本格靴の履き心地を

3万円で耐久性に優れる
本格靴の履き心地を

 紳士靴の聖地といわれ、多くの高級靴ブランドが自社工場を構える英ノーザンプトンでは、ほぼすべての工場がグッドイヤーウェルト製法を採用する。この製法は、甲革を吊り込んで、中底に取り付けたリブに、ウェルトと呼ばれる帯状の革を縫い付け、そのウェルトに本底を縫い付ける製法だ。耐久性に優れることから、本格靴の愛好家はグッドイヤーを選択する。

 中底と本底の間にはクッションの役割を担っているコルクが封入されており、履き込むほどに足裏にフィットしてくる。すり減った本底は交換することもできるため、長く履くことができるというコストパフォーマンスを備えている。そんな靴が3万円台と聞けば、それだけでもコスパはさらに高いと言える。

 だがイセタンメンズのグッドイヤー靴のパフォーマンスはこれだけに留まらない。アッパーに使われる牛革には、フランス有数の皮革メーカー・アノネイ社のカーフを採用し、国内老舗シューファクトリーで製作している。アノネイ社は世界中の一流レザーブランドに供給する企業で、その品質はお墨付き。同社の革を使った靴は履き込むほどに足に馴染み、磨くほどに艶を増すものだ。

 この靴なら長く履くほどに自分だけの味わいを醸し、靴と人との付き合い方を輝かしいものにしてくれるに違いない。こちらも2万円のマッケイ靴と同じく3種のデザインをラインナップしている。

ドレスシューズ 3万円(イセタンメンズ)(すべて伊勢丹新宿店メンズ館地下1階=紳士靴/TEL:03-3352-1111)

価格表記は、すべて税抜きです。

ISETAN ONLINE STORE
IMn

伊勢丹メンズ館のスタッフがここでしか読めないリアルな情報を発信!

伊勢丹メンズ館が提案!
高品質と価格を両立した必携ビジネスアイテム
part1 part2
日常使いだからこだわりたい、
コストパフォーマンス抜群の隠れたヒット商品 ▶
ONLY MI