日経ビジネス
Business Fashion Style 2019 Autumn & Winter
伊勢丹メンズ館が提案!
高品質と価格を両立した必携ビジネスアイテム

日常使いだからこだわりたいコストパフォーマンス抜群の隠れたヒット商品

 ビジネスマンの日常に、コストパフォーマンスは重要だ。納得のいく品質を手に入れたいとしても「高くていいモノ」では当たり前。逆にいくら低価格で買いやすくても、快適性を削いでいたり、耐久性に欠けるのではコスパがいいとは言えない。適正価格と価格以上の効果こそがコスパの本質。納得行くコストとそこから得られる期待以上の効果には、毎日精力的に働ける環境をつくり、健康的な体を維持するパフォーマンスがある。だからこそ価値あるアイテム選びに、とことんこだわりたいのだ。

 今回は伊勢丹メンズ館で見つけたコスパに優れるビジネスアイテムを紹介しよう。国内外から厳選された本格靴や鞄、国内ファクトリーが手掛ける高品質な靴下、快適な毎日に欠かせないホーム&アンダーウェアをフィーチャーしてみた。どれも定番的な地位を確立しており、リピーターも多いベストセラーばかり。この実績こそが、コストパフォーマンスの良さを証明しているといえる。

ビジネスから冠婚葬祭まで履けるストレートチップ

ビジネスから冠婚葬祭まで履けるストレートチップ

 ストレートチップは流行に左右されないドレスシューズの最高峰に位置する靴。フォーマルやビジネスなど様々なシーンで履くことができるだけに、良質なものを選んで長く履き続けたい。

 国内の老舗シューメーカーからはリーガルとスコッチグレインをチョイス。ともに国内ファクトリーが手掛けるグッドイヤーウェルト製法の本格靴だ。履き始めが硬いと言われるこの製法に、独自の技術で履きやすく改良した点も共通しており、日本人の足型に合う良質なストレートチップとなっている。

 もうひとつはハンドソーンウェルテッド製法にこだわるインドネシアのシューメーカー、ジャラン スリウァヤ。ハンドソーンウェルテッドは、グッドイヤーウェルトをベースにしながらも返りがよく軽い履き心地を実現する高度な技法。インドネシアの靴と聞いて躊躇するかもしれないが、工場は1919年創業という今年100周年を迎えた老舗ファクトリーだ。創業者の息子にあたる2代目がドレスシューズの聖地、英国ノーザンプトンで製靴技法を、フランスで皮革生産を学んで帰国すると、2003年に自社ネームの本格靴を発表。本場に比肩する技術と品質で高く評価されている。

 これらの靴は、すり減った靴底が交換出来る耐久性に優れる本格靴だ。安価な靴はセメント製法といって、すり減った靴底は交換できず廃棄するしかない。グッドイヤーウェルト製法やハンドソーン製法なら、甲革の状態がよければ何度でも交換修理が可能。メンテナンスを重ねながら長く履くことで、靴が履く人の足に馴染んだ世界で一足の自分仕様になる。長く付き合える靴があれば、自分らしいドレススタイルを確立するのにも役立つだろう。

左から ストレートチップ2万8000円(リーガル)、ストレートチップ3万円(ジャランスリウァヤ)、ストレートチップ4万3000円(スコッチグレイン)(すべて伊勢丹新宿店/TEL:03-3352-1111)

ISETAN ONLINE STOREはこちら!

リーガル
ジャランスリウァヤ
スコッチグレイン
スタイリッシュに持ち歩ける薄マチブリーフバッグ

スタイリッシュに持ち歩ける薄マチブリーフバッグ

 書類やノートPC、タブレットなど、ビジネスに必要な道具一式を持ち歩くための鞄として、ブリーフケースはもっとも機能的だ。なかでも耐久性に優れるナイロン製の鞄なら、価格と機能性のバランスもよく、コストパフォーマンスに優れているといえる。

 軍用品などに使われる高耐久バリスティックナイロンをベースにした素材使いで知られるトゥミ。日本限定コレクション「JARVIS」のスリム・ブリーフは、使いやすいポケット配置などの機能性は申し分なく、内部にパッドで保護されたノートPC用のスペース、背面にはラゲージにセットアップできるスリーブなども備えている。

 イタリアブランドの鞄は機能性よりデザイン重視の場合が多いが、ステファノマーノは各種ポケットの配置とともに、それぞれのモデルに合わせ、耐久性の高い素材にこだわり、使いやすさを実現している。特に高級ブランドでも採用される伊リモンタ社の特許技術で織られ、ナノテクノロジーにより撥水加工を施したナイロン素材を用いたモデルは上品な光沢感も相まり、スタイリッシュな都会のビジネスマンに相応しい。

 共にデザイン性と使いやすさに定評があるが、モノとしての魅力は、持ち歩いたときのスマートな印象にまで及ぶ。スーツにブリーフを携えたとき颯爽としたスタイルを描くのは、薄マチのスタイリッシュなブリーフバッグならでは。それでいてキャパシティも十分ゆえ、仕事の効率をも落とすことがないのも、バッグのパフォーマンスとして欠かせない。

左から ブリーフケース 5万5000円(トゥミ)、ブリーフケース 7万9000円(ステファノマーノ)(すべて伊勢丹新宿店/TEL:03-3352-1111)

ISETAN ONLINE STOREはこちら!
横持ちのしやすさにこだわったビジネスリュック

横持ちのしやすさにこだわったビジネスリュック

 近年リュックをビジネスバッグに使うビジネスマンが増えている。手に負担が掛からず、手ぶら通勤や自転車通勤できることも人気を後押し。なかでもショルダーハーネスを収納して、横持ちできるブリーフバッグにトランスフォームする2WAYタイプが人気だ。その理由はリュックの唯一の欠点であるアウトドアカジュアル感が払拭できることにある。クライアント先では肩から下ろし、手持ちして訪問すれば、学生風情のカジュアル感がら脱却できるのだ。

 だが実際にブリーフバッグとして横持ちするには、留め具を外して背面のポケットなどにハーネスを収納する必要がある。これを解消するため、サムソナイトはハーネスを背面にセットした状態で横持ちできるオリジナルのシステムを開発した。これなら少ないタッチでリュックからブリーフバッグに持ち替えることが可能だ。

 撥水ポリエステルファブリックを主素材に、持ち手にはソフトな牛革を使用しており、耐久性と軽量性は十分。客先ですぐに取り出したいノートPCのポケットは、メインコンパートメントを開けずにサイドからアクセスできる。トラベルケースで培った技術と、最新のアイデアを盛り込んだ2WAYシステムが、サムソナイトの新たな境地を広げるとともに、ビジネスパフォーマンスをも向上させている。

横持ちのしやすさにこだわったビジネスリュック

2WAYバッグ L 3万4000円(サムソナイト)(伊勢丹新宿店/TEL:03-3352-1111)
ISETAN ONLINE STOREはこちら!

耐久性抜群!ブランド靴下を凌ぐ隠れたベストセラー

耐久性抜群!
ブランド靴下を凌ぐ隠れたベストセラー

 伊勢丹メンズ館=地下1階で、空前の売上記録を続けている靴下がある。それがイセタンメンズのオリジナル靴下だ。日本の靴下生産シェア5割を誇る奈良県で生産されるこの靴下は、ごくシンプルな無地のリブ編み。しかし一般的なリブより針数を増やすことで密に編まれており、フィッティングと耐久性を向上させている。透け感がなく、パンツの裾から覗く足元を上品に見せてくれるもの。表と裏の糸色を変えているため、はくとトーン・オン・トーンでカラーストライプが浮き上がる点も見逃せない。

 またかかと位置を高く設定することで、靴の履き口(トップライン)との摩擦を軽減。これによってかかとに穴が開きにくくなっているという。さらに爪先部分は、熟練した職人が手作業で行うハンドリンキングを採用することで耐久性を高めている。素材はスーピマ綿とナイロン、さらに伸縮性に富むポリウレタンを混紡することで型崩れや伸びを抑え、ジャストフィットを長く継続することができるようになっている。

 錚々たる有名ブランドの靴下が並ぶなか、リピーターが耐えないトップランカーは発売から10年以上、価格を変えずに提供されている。その揺るぎない地位こそが、確かなコスパの証でもある。

左から ロングホーズ各1500円(イセタンメンズ)、ビジネスソックス各1000円(イセタンメンズ)(伊勢丹新宿店/TEL:03-3352-1111)

ISETAN ONLINE STOREはこちら!
横持ちのしやすさにこだわったビジネスリュック

日常の疲れを癒やす快適なホーム&アンダーウェア

 ビジネスマンにとってスーツやシャツばかり取り上げられるが、アンダーウェアやオフタイムを快適に過ごすためのウェアも忘れてはいけない。スーツ着用時のアンダーウェアはオンタイムを快適に過ごすための影の立役者だ。夜の安眠を即してくれるパジャマも、日常の疲れを癒やすアイテムとしての側面もあるだけにこだわって選びたい。

 タニは世界的な高級下着のファクトリーが立ち上げた自社ネーム。シンプルで上質なパジャマは、良質な睡眠を得るために必要なギアである。シルクのように繊細なタッチの素材には、木材から生成されるマイクロモダールエア®を採用している。100%天然由来の繊維ゆえ肌にやさしく、耐久性にも優れるだけにコストパフォーマンスの面でも申し分ないと言えよう。

 アンダーウェアからはグンゼが手掛けるSEEK。カットオフしたようにフラットな生地のエッジは肌にやさしく、シャツの表にシルエットが浮き上がらないことでも人気のブランドだ。なかでもこのエアーズは、ウェストに腰ゴムを使わずカットオフした仕上げが特筆モノ。締め付けが少ないため肌当たりがよく、ゴム跡が蒸れたりかゆくなりにくいのは、すべてのビジネスマンにとって嬉しい仕様だ。

 快適なアンダーウェアのフィッティングがオンタイムを、滑らかな着心地のパジャマがオフタイムを演出してくれる両アイテム。コストパフォーマンスの面でも、十分納得いく範囲にある。

01. 長袖パジャマ 1万3000円、02.ボクサーパンツ 3000円(Tani)、03.ボクサーパンツ 各3000円(SEEK)(伊勢丹新宿店/TEL:03-3352-1111)

ISETAN ONLINE STOREはこちら!
横持ちのしやすさにこだわったビジネスリュック

一般的なボクサーショーツのウェストには、ゴムのベルトが取り付けられているが、SEEK「エアーズ」はベルトがなくボディがそのままカットオフされた状態だ。ほつれない特殊な加工がされているため、エッジに厚みがなく、肌に食い込んだり締め付けたりすることも少ない。そのためウェストはいつもフリーな状態。汗で蒸れたりかゆくなったりする心配が少ない。

価格表記は、すべて税抜きです。

伊勢丹メンズ館が提案!
高品質と価格を両立した必携ビジネスアイテム
part1 part2
伊勢丹メンズ館が挑戦する
ハイコストパフォーマスなビジネスシューズ ▶