Part 04 豊かで多様な生活をリードする

株式会社ユニコ

各種企業向けユニフォームの
トータルソリューションを提案

企画から製造、販売、レンタル、運用管理まで
多様な機能を
駆使して企業ユニフォームを扱う
ユニコは
有名企業の顧客も多い、ユニフォームの
プロフェッショナル集団。

多彩な業態に対応する
管理業務と運用システム

企画から製造、販売、レンタルサービス、運用管理までトータルソリューションを提案するユニコは、伊藤忠商事100%出資の子会社。企画面では伊藤忠ファッションシステムとのコラボ、素材開発、縫製面では、伊藤忠商事の国内・海外のネットワークを存分に駆使できる背景を持つのに加えて、ユニフォーム専門の製造子会社を中国とベトナムに有しているユニフォームに特化した企業だ。

「繊維商社ナンバーワンである伊藤忠商事の強みを背景に、商社という業態でありながら、自社製造拠点を持っていることで、サプライチェーンを自社単独で構築できることが最大の強みだ」(小椋豊樹代表取締役社長)

製造販売と並んで機能の三本柱となっているのは、ITを導入したユニフォームの個品管理システムとレンタルサービスだ。従来、ユニフォームは各社が自社内で管理するというのが主流であり、業種、業態によっては個人名を入れた状態のユニフォームを支給するという方式が多かったが、近年ではユニフォームの社外流出リスクの削減や個人情報管理強化の一環として、加えて管理業務の効率化を図る目的として、管理業務のアウトソーシングを希望する顧客も増えてきている。

それらに応えるために、同じ伊藤忠グループの伊藤忠ロジスティクスと提携して、ユニフォームの個品管理システムを構築しており、採用して頂いている顧客からは高い評価を得ている。

また、衛生管理面から常にクリーンな状態のユニフォームの着用が必須とされる業種では、クリーニング付きレンタル方式の契約が主体であり、ユニコはレンタルサービスも対応可能な体制を敷いている。さらには、顧客の要望があれば、使用済みユニフォームを回収して再利用するなど、ユニフォームを通じて地球環境に配慮することを実践している。

2020年のオリンピックに向けてユニフォームのリニューアルを検討している企業は少なくないため、一般アパレル、スポーツアパレルなども参入してきて、ユニフォーム業界はますます競争が激化しているが、ユニコは多種多様な機能と伊藤忠グループである強みをいかんなく発揮して業界内での地位をなお一層、揺るぎないものにしたい。

「今後は、国内のシェア拡大は言うまでもなく、中国、ASEANなど海外への販売も伸ばしていきたいです」(小椋社長)

(上)ベトナム・ホーチミン市にある自社工場の外観。日本人の社長と工場長が常駐し、経験豊富な検査員による充実した検品体制を敷き、国内縫製工場と同等の品質を保つ。さらにISO9001を取得、環境保全面での評価も高い。(左)縫製の作業をしている従業員たち。本工場では女性制服を中心に、年間約100万点を生産している。なお、中国の工場では特注作業用ユニフォームを主に製造している。

部署を超えた交流が生む
風通しの良い社風

営業第1部生産管理課課長の阿達泰裕さんは、文化服装学院から新卒第一号として入社。現在は企画から納品、コスト計算まで全ての生産業務を管理する。「プロフェッショナルが集まるチームの一員として、受注にいたり、納品までスムーズに行えた時は嬉しかった」(阿達さん)

営業第1部カスタマーサービス課の福島朋亮さんは、4年前にアパレルメーカーから転職した若手スペシャリストだ。

「伊藤忠商事のバックグラウンドと、アパレルメーカーではできなかった企画開発が魅力だった」(福島さん)

入社して間もなく、デザイナーとコミュニケーションをとりながら企業のユニフォーム企画を提案、コンペに勝って受注にいたった。ユニコでは、生産だけ、営業だけに携わるスタッフもいれば、福島さんのように生産と営業全般に携わることもできる。

分野は違えど気持ちは同じ
プロフェッショナルの一員

新製品の企画に余念のない福島さん(右)。通信、運輸、コンビニ、ファストフード、ガソリンスタンドなどをはじめとする多くの有名企業のユニフォームづくりを行っているユニコでは、デザイン性だけでなく、機能性や安全性も考慮に入れた商品企画を行っている。ちなみに、ユニフォームは主に4~5年の周期で新しいデザインにつくり変えられる。1シーズンに200件くらいの製作依頼があり、顧客のほとんどがリピーターだ。

注目トピックス

幅が広がったユニフォームの企画
かつて同社が手掛けていたユニフォームは、製造系主体の顧客が多かったため、機能性、耐久性をより重視していた。しかし、昨今は、コンビニエンスストア、ファストフードなど店舗ユニフォーム分野を伸ばしてきている。そこで重視されるのは機能性に加えて着用者自身の愛着や接客時の印象をより高めるために、「着てみたい、カワイイ」と思われるようなデザインの要望も増えてきている。

■ COMPANY PROFILE

本社
〒103-0006 東京都中央区日本橋富沢町9-10 稲村ビル2F
設立
1994年12月15日
資本金
3億1,000万円
売上高
154億円
従業員数
69人(2018年10月1日現在)

■ RECRUIT INFORMATION

募集職種
営業、生産管理
勤務時間
9:00~17:15(所定労働時間7時間15分、休憩60分)
※転勤・異動あり
■昇給 年1回(評価制度あり) 賞与 夏冬2回
休日・休暇
完全週休2日制(土日)、祝日
年次有給休暇、年末年始休日、慶弔休暇
福利厚生
福利厚生サービス加盟、 健康保険組合の保養所利用可 他
採用予定人数
若干名