2020年2月26日、大阪の「なんばスカイオコンベンションホール」にて、日経ビジネス主催、日本マイクロソフト、ダイワボウ情報システムの協賛により「経営者を成功に導く、新・サブスク経営学」セミナーが開催された。急成長するサブスク型ビジネスが世界の市場ルールを大きく変えようとしている。また社内ITのサブスク化など、企業経営の一手法としてサブスクを活用する動きも出てきている。具体的には、 DaaS ( Device as a Service )を利用することで、DX( Digital Transformation )や働き方改革を加速することへの期待が大きい。本セミナーにおいて、サブスクの有識者やサービス提供する著名企業の方々にその取り組み事例などを語っていただいた。「買わない時代の企業経営術」を考える一日。場内の熱気からその関心の高さが窺えた。

KINTOが描く未来のモビリティサービス〜トヨタのサブスクリプションから〜

月額定額制でライフステージに
合わせてカーライフが楽しめる

株式会社KINTO
副社長執行役員 CSO 本條 聡 氏

「自動車メーカーはこれまでいい車をつくる競争をしてきましたが、顧客ニーズが所有から利活用へ移り変わるなか、さまざまな新しいサービスをつくる会社との競争の時代に入りました」と、KINTO の本條氏は語る。自動車産業が「100年に一度の大変革期」と言われるなか、モビリティカンパニーへと舵を切ったトヨタ。その最前線に立つのが、車のサブスクサービスを提供するKINTOだ。

「自動車メーカーはこれまでいい車をつくる競争をしてきましたが、顧客ニーズが所有から利活用へ移り変わるなか、さまざまな新しいサービスをつくる会社との競争の時代に入りました」と、KINTO の本條氏は語る。自動車産業が「100年に一度の大変革期」と言われるなか、モビリティカンパニーへと舵を切ったトヨタ。その最前線に立つのが、車のサブスクサービスを提供するKINTOだ。

デジタルコンテンツ系のサブスクは「使い放題」のサービスが主流になりつつあるが、KINTOが提供する車のサブスクは、お客さまが「乗りたいタイミング」で新しい車に乗ることができるプログラムを用意していくことだ、と本條氏は話し、「始めやすく止めやすいことを目指しサービス設計をしている」と強調する。

車の所有には想定以上にコストがかかりがちだ。頭金0円、月々定額で3年間トヨタとレクサスの新車に乗ることができるKINTO ONEは、車両代以外に、任意保険や自動車税、定期メンテナンス、故障修理などの諸経費が込みのため、始めやすい。「トヨタの販売店ではシニアのお客さまが多いですが、KINTO ONEのお客さまは10~20代が約20%に上ります。初めて車を持つ場合、車両代以外に諸経費が2万円以上かかることもありますが、KINTO ONEなら諸経費込みで月額3万円台から利用できます」

「始めやすい」の観点では、コストに加え、来店することなくWebで申込みができる点も大きい。「土曜日・日曜日の昼間に販売店を訪れるお客さまも多くいらっしゃいますが、KINTO ONEなら24時間365日いつでもどこでもお申込みいただけます。KINTOにWebでお申込みいただくお客さまの2/3は他ブランドか、新たに車を手にするユーザーです。新規顧客開拓の機会としても大きな手ごたえを感じています」

就職、結婚、子供の誕生、退職などライフステージに合わせたカーライフを楽しめるのもKINTOが提供する体験だ。また「KINTO ONE をご利用いただいている70代のお客さまは、最新の安全装備を搭載した車を所望しつつも、新車の購入は躊躇していました。しかし、KINTO ONEなら免許返納時の中途解約金が不要であることがポイントになり、ご契約いただきました。中途解約時の条件が明確で、止めやすいこともお客さまの安心につながります」

カーシェアリングやレンタカーが広がりつつある中、車が単なる移動手段になってほしくない、愛車であり続けることを大切にしていると本條氏は話す。「KINTO ONEでは、コンパクト、セダン、SUV、ミニバン、ワゴン、クーペなど全31車種(2020年2月現在)を用意し、運転する楽しさ、移動する楽しさを提供しています。またKINTO FLEXは、レクサス6車種の中から好きな車を選んで月々定額で3年間乗り継ぐ体験を提供しています。今後も車を愛するお客さまの声を受けてサービスを改善していきます」

社内ITをサブスク化するDaaSとは?

クラウド時代の
新しい展開手法「ゼロタッチ」

ダイワボウ情報システム株式会社
販売推進本部 戦略商品推進部 部長
坂下 博之 氏

前半に登壇したダイワボウ情報システムの坂下氏は、「当社では、単なるデバイスの月額提供ではなく、継続利用を前提としたデバイスの利用サービスのことを、DaaSと定義しています」と話し、社内のITをサブスク化するDaaSの4つのメリットをあげた。

1.自分の働き方に合ったデバイスを選択することによる生産性の向上。「デバイスは長く使い続けるほど安くなると考えがちですが、4年以上使用すると修理代がかかり、かえってコスト高になるというマイクロソフトのデータもあります。DaaSで短いスパンで最新モデルを利用することで、生産性向上とコスト抑制が図れます」

2.導入から廃棄まで、デバイスライフサイクルに必要な業務をすべてサービスとして利用できる。「働き方改革やパンデミック対策として在宅勤務が広がる中、ノートPC、タブレット、スマホなどマルチデバイスの活用が社内で進むのに伴い、運用管理を担う情報システム部門の負荷は増大するばかりです。DaaSならデバイス運用管理の負荷を大幅に軽減できます」

3.利用者のIDとパスワードによりデバイス自身でセキュリティを保つゼロトラストネットワークを実現できる。「クラウドベースでセキュリティを確保するゼロトラストネットワークなら、ファイアウォール内外でも社員の不注意や故意による情報流出も防ぐことが可能です」

4.デバイスの導入・展開が簡単にできる。「当社が推奨するゼロタッチというクラウド時代の新しい展開手法により、デバイスの展開は大きく変わります。これまでは、手動で1台ずつインストールするか、イメージを使ってマスターPCから展開するか、いずれにしても非常に多くの工数を要しました。ゼロタッチは、導入業者や情報システム部門がクラウド上で設定しておくことで、事前に箱を開封してセットアップする必要はありません。直接ユーザーに配布し、ユーザー自身が箱を開けてデバイスの電源を入れると自動的にインストールが始まります」

ゼロタッチが、DaaS普及のカギになると坂下氏は話す。「国内最大級のディストリビューターである当社は、 Windows デバイスを提供するOEMメーカーと一緒に検証を重ねており、Windows Autopilot を活用したゼロタッチを提供できる環境が整ってきました。今後も順次対応メーカーを広げていきます。またパートナーさまと協業し、DaaSによるビジネスモデルを創造し、働き方改革の推進に貢献していきます」

DaaSにより最新テクノロジーで
仕事の生産性を高める

後半に登壇した戸田氏は、「サブスクとDaaSの違いは何か?」と問題を提起し、映画配信のサブスクを例に、その違いについて説明した。

ビジネス書作家
戸田 覚 氏

「月額定額で好きな映画を好きなだけ見ることができる。これはサブスクです。では、こういうサービスが始まったらどうでしょう? 月額定額で映画が見放題のテレビを設置します。これがDaaSです。DaaSは「映画を見る」という体験を提供します。同じ映画でも32インチのテレビと、65インチの高画質テレビで見るのとでは、得られる体験が全然違います。また、故障したら交換する、最新のテレビで楽しめる、子供でも操作がしやすいなど、テレビと映画を連携させたサービスを提供していくのがDaaSです」

2020年春から5Gの商用サービスが開始される。5GはDaaSによる働き方改革を大きく進めるポテンシャルがある。「デバイスがクラウドに常につながっている状態で、在宅でもテレワークで社内にいるのと同様にスムーズに作業ができるようになります。また何十人のテレビ会議も問題なくスムーズに行えます。5Gを活用したテレワークやテレビ会議を利用するために、企業は何もする必要がありません。DaaSを導入するだけです。最新テクノロジーを使って仕事の効率や生産性の向上を目的に、デバイスをサービスとして利用するという視点が大事です」(戸田氏)

5年間も同じパソコンを使い続けることは、ITの進化を享受できないことだと戸田氏は強調する。「ユーザーはもとより、DaaSビジネスにおいてお客さまへの強烈なメッセージは、月額定額料金の安さではありません。月額1,000円高くても、いつでも最新で最も効率的に作業が行えるデバイスに、柔軟に切り替えて利用できる。セキュリティも担保されていて、設定や運用など面倒くさいことはすべてサービスに含まれている。複数のサービスを組み合わせて提供されるため、支払いも一括で済む。最新機能を使ってどう競争力を高めていくか、それだけを考えればいいのです」

戸田覚氏、メチャカリらが大いに語る

“サブスク・ウェーブ”に乗り遅れるな

お問い合わせ先

日本マイクロソフト

https://www.microsoft.com/ja-jp?SilentAuth=1