ワークスタイルを変革し、
ビジネス継続性維持にも役立つ
「ゼロタッチ」がもたらすメリットとは

IT・家電ジャーナリスト 安蔵 靖志

パソコンの新規導入やリプレースを、まるでスマートフォンのようにスムーズに行えることで近年注目が高まっているのが「ゼロタッチ」という仕組みだ。複数台のパソコンの設定やアプリケーションのインストールなどを一気に行えることからシステム管理者側の負担が軽減されるだけでなく、店舗や営業所などで人員の増減があってもリモートで設定が行えるため、従業員側の負担が減ることも大きな魅力となっている。では、ゼロタッチの導入によってどのようなメリットが得られるのか、事例なども含めて紹介していこう。

ワークスタイルの変革に役立つ「ゼロタッチ」

新型コロナウイルスの感染拡大によって企業のテレワーク導入が急激に進んでいる。リモート会議を行うためにWebカメラのセットアップやビデオ会議システムのインストールなどに四苦八苦した覚えのある人も少なくないのではないだろうか。

仕事で利用するパソコンのセットアップは、決して頻繁に行うことではない。多くの企業ではシステム管理者側がセットアップを済ませた上で従業員に渡すスタイルを採用していることと思うが、緊急事態宣言などで仕事場のIT環境などに変化が求められるようになると、それに応じて従業員側が設定作業などを行う必要が生じてくる。ITリテラシーの高くない従業員の場合、マニュアルに沿っても作業がなかなか進まないということもあるだろう。

ワークスタイルの大幅な変革を求められるこのような状況下で、「ゼロタッチ」という概念への注目が高まりつつある。ゼロタッチとは、パソコンをインターネットに接続してID・パスワードを入力するだけでクラウドに接続し、その人専用の仕事環境を整えてくれるというものだ。

「そんなの、スマートフォンでは当たり前じゃないか」と思われる方もいるかもしれない。確かにスマートフォンでは新機種に乗り換える際、ID・パスワードを入れるだけでインストールしたアプリやデータをバックアップしたクラウドから復元し、すぐに使えるようにしてくれる機能が備わっている。万が一紛失した場合にはWebサイト上で紛失した場所を特定したり、ロックをかけた上で画面上に拾得者向けのメッセージを表示するといった機能もスマートフォンには搭載されている。こうした機能をパソコンでも実現するのがゼロタッチというわけだ。

システム管理者がパソコン本体を触ることなく、必要なアプリのインストールや設定作業などを完了させられるため「ゼロタッチ」と呼ばれているが、これは決してシステム管理者側だけが楽になる仕組みではない。従業員の増員によって新たなパソコンをセットアップする場合や、故障やリース終了などによってパソコンをリプレースする場合などに、ユーザー側はパソコンを開梱してインターネットに接続し、用意されたID・パスワードを入力するだけで作業環境を移行することができる。セットアップ作業の手間と時間が大幅に短縮されるため、ユーザー側にも大きなメリットが得られる。

パソコンの面倒なセットアップを簡略化できる

Windows のゼロタッチと呼べる仕組みはクラウドベースのキッティングツール「Windows Autopilot」だ。ID管理の「Azure Active Directory(Azure AD)」とMDM(モバイル端末管理)の「Microsoft Intune」を組み合わせて利用する。

詳しい仕組みについてはここでは省くが、これによって、Azure AD で設定したIDとパスワードを入力するだけで個々のパソコンのアプリケーションのインストール、プリンターの設定などが自動的に行われ、パソコンをすぐに使える状態にできる。ユーザー側は最小限のセットアップをするだけだ。あとはインターネット経由で必要なアプリケーションやデータなどをダウンロードするのを待つだけで、パソコンの新規セットアップやリプレースを簡単に行える。

パソコンが手元に届く前にクラウド上で設定を構築できることで、ユーザーにパソコンが届くとすぐに利用を開始することができる

パソコンの新規導入やリプレース時のセットアップをシステム管理者が行って配送する場合であれば、ユーザー側は特に手間はかからない。しかし多くの場合はそうではないだろう。最低限の設定は管理者が行うとしても、通常はアプリケーションのインストールや設定変更、プリンターやスキャナー、カードリーダーなどのインストールや設定などを、ユーザー側がマニュアルを見ながら一つひとつ行わなければならない。

マニュアルが整備されていれば問題ないが、マニュアルに不備があるとシステム管理者側への問い合わせが必要になるなど、時間も手間もかかってしまう。1つのパソコンのセットアップに半日かかってしまうなどということもあるだろう。ゼロタッチの環境が整備された先進企業では、箱から出してセットアップを完了するまでの時間が、従来2時間のところ30分で完了したという実例もある。

ステイホーム環境下でのセットアップが簡潔に

では、ゼロタッチが具体的にどのような事例で役立つのか。いくつか見ていこう。

新型コロナウイルス感染拡大に端を発した緊急事態宣言は2020年5月下旬に解除された。しかし世界的にも未だに終息していないことや、今後第2波の危険性もあることから、“ウィズコロナ”を踏まえた「新しい生活様式」が厚生労働省から公表された。そのなかで「テレワークやローテーション勤務」、「会議・名刺交換はオンライン」などと明記されているように、我々は日常生活のスタイル変革だけでなく、急ピッチでの“働き方改革”も求められている。

こうした中でテレワークの導入が進んでいるが、問題になるのがパソコンの新規導入だ。営業職やエンジニアなどで、すでにVPN(仮想専用線)などを用いたテレワーク可能な環境が導入されている場合は移行もスムーズだが、これまでテレワークを実施していなかった事務職などのユーザー用に、新たにパソコンを用意しなければならない場合はそう簡単にはいかない。

ゼロタッチを実現する、Windows Autopilot であれば、必要最小限のセットアップを行うだけで Microsoft 365 の Microsoft Word や Excel、PowerPoint などの主要ツールから、テレカンファレンスなどに用いられるコラボレーションツールの Microsoft Teams、そのほか業務に利用するさまざまなアプリケーションのインストールやセットアップを自動で行ってくれる。システム管理者側だけでなく、ユーザー側から見ても手間を大きく削減できることになるだろう。

プロジェクトごとの人員増減にも対応可能

企業によっては正社員から派遣社員、アルバイトなどさまざまな雇用形態で従業員を抱えており、入れ替わりが多い場合などもある。そんなときにもゼロタッチは活躍する。

例えばプロジェクトごとに社員や派遣社員などをアサインして業務を進める形態の場合、どうしても人員の増減に応じてパソコンをセットアップする必要が生じる。しかしゼロタッチ環境下であれば、IDとパスワードを変更するだけで、同じパソコンを別のユーザー向けに入れ替えることができる。OneDrive などのクラウドストレージ上にあるデータは残しておくこともできるので、一部のデータを引き継ぎつつ移行することも可能だ。

全国に営業所や店舗などの拠点がある企業の場合でも、送付されたパソコンにIDとパスワードを入力するだけでセットアップが終了する。そのため業務だけに集中できるだけでなく、管理者側に余計な問い合わせをせずに済むようになる。パスワードが分からなくなってしまった場合でも、管理者側からパスワードを再発行可能だ。万が一、パソコンを紛失してしまったような場合でも、管理者側からリモートで初期化できるので、運用面ではかなり安心感が増すことだろう。まさにパソコンをスマートフォンと同じように運用管理できるというわけだ。

災害時の迅速な復旧にも役立つ

企業や自治体においては、災害時などに業務を継続するためのBCP(Business Continuity Plan)の策定や実施が重要になる。それは設備や情報システムに限らず、従業員一人ひとりのパソコンも同様だ。

自治体でゼロタッチが注目されるのは、災害時の円滑な復旧対応が可能な点にある。IDとパスワードを入力するだけでパソコンの業務環境をバックアップから戻すことができるため、大規模災害などでパソコンが使えなくなってしまっても、新しいパソコンを用意するだけで業務に復帰することができる。

ゼロタッチはシステム管理者がパソコンの設定やポリシー変更などを円滑に行える仕組みとして注目されてきたが、それは管理者側のメリットにとどまるものではない。企業の経営者側から見ても、従業員一人ひとりから見ても、大きなメリットを得られるものなのだ。

新着記事

コロナ禍対策で Teams を全職員に展開 テレワークでも社会インフラを支える 中国地方整備局

国土交通省 
小畑 哲也 氏
日本マイクロソフト株式会社 
木村 靖 氏

住民サービス向上と働き方改革に向け、コロナ禍でクラウドを積極活用する京都府

京都府
森田 嘉彦 氏
永井 明日香 氏

”Teams”成功事例の共有と伝道師アンバサダー制度でIT×働き方改革を進めたセブン-イレブン

株式会社セブン-イレブン・ジャパン
森 祐樹 氏

新しい働き方に!コストも抑えられるテレビ会議システム「Teams Rooms」

ビジネス書作家 戸田 覚
日本マイクロソフト株式会社 吉田 馨一 氏

Microsoft Teams とタブレットで変わった美容カウンセリングの現場のコミュニケーション

花王プロフェッショナル・サービス株式会社
原田 政邦 氏
カネボウビューティカウンセリング株式会社
宝力 直美 氏

ワークスタイルを変革し、ビジネス継続性維持にも役立つ「ゼロタッチ」がもたらすメリットとは

IT・家電ジャーナリスト 安蔵 靖志 氏

今こそ企業文化を醸成せよ「働き方改革」と「イノベーション」成功の鍵

大成建設株式会社 田辺 要平 氏

活用事例

関連書籍

テレワークの切り札!
Office 365 ユーザーならすぐ使える Teams 即効活用ガイド

Microsoft Teams とは?

Microsoft Teams

“ Office 365 のハブ”としての
Microsoft Teams が「チーム」での働き方を強力に支援する!

Microsoft Teams

テレワークが変わる
「Microsoft Teams」徹底活用法

バックナンバー

セミナー紹介

Microsoft Teams の最新情報や使い方、
導入事例をオンデマンド配信中