日経ビジネス電子版Special

vol.1 MUFG Bizがもたらすビジネスの新機軸  法人向けポータル「MUFG Biz」に見るMUFGの中小企業戦略

2019年6月24日、三菱UFJ銀行は法人向けWebサイト「MUFG Biz」を開設した。
その背景には、中小企業の成長にもっと貢献したいという思いがある。
「MUFG Biz」は中小企業のビジネスにどのような役割を果たすのか、シリーズで伝える。

なぜ「MUFG Biz」を開発したか

「これまで中小企業に対しては受動的な対応になり、事業の成長を十分にサポートできていないケースもあった。リレーションシップを強化する取り組みの第一歩として、法人向けWebサイト『MUFG Biz』を開設した」

こう語るのは、三菱UFJ銀行 法人・リテール企画部 企画グループ 次長の古沢雅文氏だ。

法人取引の新規開拓では、企業のもとに営業担当者が足を運び、フェイス・トゥ・フェイスの対話を通じてニーズを探っていくのが一般的なスタイルだ。しかし、国内最大の金融グループと言えども、営業担当者は有限だ。訪問するのはより大きな取引が見込める大企業や中堅企業が中心となり、中小企業に対しては積極的なサービス提案ができていなかった。そうした課題を解決する手段として、三菱UFJ銀行はWebチャネルの活用に踏み出している。

「MUFG Biz」のサービス第1弾では、財務状況や取引状況がひと目でわかるBiz COCKPIT、AIを活用したニュース配信を行うBiz NEWS、迅速な資金調達を可能にするBiz LENDINGという、主に3つの機能を実装している。

「サービスが行き届いていなかった顧客層に我々の付加価値を届けることが目的だが、当然、対面と非対面を切り離して考えているわけではない」と法人・リテール企画部 企画グループ 上席調査役の阿藤誠一氏は強調する。

「まずは非対面のWebチャネルで接点を持ち、デジタルならではの利点であるデータを蓄積する。そうしたデータをもとに、『その会社はどんな課題を抱えているのか』『どんな解決策があるか』といった仮説を立てる。対面営業の前にこうしたステップを経ることで、サービスの質をさらに高めることができる」(阿藤氏)

三菱UFJ銀行の法人取引において、フェイス・トゥ・フェイスの重要性はこれからも変わらない。一方で、忙しい経営者は対面で時間を拘束されることを必ずしも望んでいないケースもある。非対面で足りることはWebチャネルで完結させ、人が付加価値を生み出せる提案は対面で行う。Webと人の力を掛け合わせ、中小企業の成長を後押しするためのツールが「MUFG Biz」というわけだ。

具体的に、「MUFG Biz」ではどのようなサービス展開を見込んでいるのか。3つの機能を見てみよう。

「MUFG Biz」に備わる3つの機能

財務状況や取引状況がひと目でわかるBiz COCKPIT

Biz COCKPITは、財務状況や取引状況をグラフ化する機能だ。融資にあたり決算書を提出している企業であれば、決算データに基づいて財務情報を可視化できる。「成長性」や「効率性」など5つの項目で評価され、類似企業平均との比較で自社の現状を簡易的に把握することが可能だ。

融資のない企業でも、入出金の状況を可視化したグラフを閲覧できる。1年間の取引状況に加え、前年との比較や取引先別の入出金状況も確認できることから、「今年はA社よりB社の取引が少ない。B社への営業を強化しよう」といった検討に役立つ。

「これまでは財務諸表を見ながらディスカッションし、課題を洗い出す作業を行ってきたが、すべての企業を手厚くフォローできているわけではない。この機能により、経営改善に向けたヒントや気づきをより多くの企業に届けることができるだろう」(古沢氏)

振込入金分析
総合評価
財務状況や取引状況をグラフ化。簡易分析機能もあり、的確な経営判断をサポートする

最適なニュースをピックアップして届けるBiz NEWS

注釈画像
企業の閲覧履歴などをAIが自動分析し、最新で最適なニュースを毎日届ける

Biz NEWSは、AIを活用したニュース配信サービス。東大発のAIベンチャー「ストックマーク社」をパートナーに迎え、開発した。使い込むほどにAIが学習し、多数のメディアからより最適化された情報の提供を実現する。

「ストックマーク社がカバーする国内外3万超のメディアに加え、三菱UFJリサーチ&コンサルティングのレポートやセミナー情報も配信対象となる。顧客企業のアクセスログをもとに、どのようなテーマに関心があるかを推測し、課題解決に向けた提案につなげることも検討している」(阿藤氏)

迅速な資金調達を可能にするBiz LENDING

注釈画像
審査から融資実行までインターネット上でスピーディーに完了。ビジネスチャンスにあわせて資金調達ができる

Biz LENDINGは、店舗に足を運ぶことなくWebでいつでも申し込める融資サービスだ。入出金データなどをもとに審査を行うため、決算書の提出は不要。審査申込から入金まで最短2営業日で、スピーディーな資金調達が可能だ。サービス開始早々から多くの申し込みがあり、資金ニーズに応えているという。

「店舗での融資相談は平日9時から15時まで、1週間のうち30時間しか対応できず、銀行都合で間口を狭めてしまっていた。その点、Biz LENDINGなら24時間365日いつでも申し込める。夜間や週末の申し込みは想定以上に多く、手ごたえを感じている」(阿藤氏)

総合金融グループとして、今後もサービスを拡充

金融とITが融合した「フィンテック」の競争が激しくなり、昨今ではソーシャルレンディングやクラウドファンディングなど資金調達の手段が多様化してきた。Biz LENDINGもそのひとつと位置づけられるが、MUFGならではの付加価値はどのような点にあるのか。

阿藤氏は「金利を0.1%でも安く、といった条件面ではなく、総合力で勝負したい」と明言する。

「総合金融グループであることが我々の強み。今回、資金調達を含む3つの機能をリリースしたが、これらは当行が提供するサービスの一部に過ぎない。『MUFG Biz』では、今後ビジネスマッチングやM&A、AIを活用した為替相場予測といった機能の拡張を計画しており、経営者が抱える幅広い課題をワンストップで解決する存在を目指す」(阿藤氏)

日本を代表する金融グループとしての強みを打ち出す一方で、MUFGはオープンイノベーションにも積極的だ。Biz NEWSでのストックマーク社のように、多くの企業が「MUFG Biz」を支えている。

「MUFG Biz」を支えるパートナー企業 パートナー企業

「我々にないノウハウや強みを持つ企業と協力すれば、良質なサービスをより早く届けられる。今後実装する機能についても、時代を先導するパートナー企業とのオープンイノベーションによってつくり上げていく」と古沢氏は意気込む。

ビジネスマッチングやM&Aでは、三菱UFJ銀行の顧客基盤が大いに生かされる。Webチャネルによって顧客データが蓄積されれば、こうした機能の精度をより高めることができるだろう。三菱UFJ銀行にビジネスのデータを集めることで、新たな商機を生み出せる――。そう思わせることができれば、「MUFG Biz」は中小企業に欠かせないプラットフォームになるに違いない。