働くと、ニューバランス

空間デザインとは
メッセージを込めた
物語を紡ぎ出すこと

空間デザイナー
長谷川 喜美さん

デザインとは、モノに形を与えるという表層的なものだけではなく、広義では目標達成や課題解決のためのコンセプトを打ち出し、実際の形に落とし込んでいく一連の流れを意味する。そして、ニューバランスの“N”のロゴを生かした普遍的なデザインには、そうした想いが感じられる。「空気をデザインする」をテーマに、空間に関わる様々なクリエイションを手掛ける空間デザイナーの長谷川喜美さんに、デザインのあり方について話を聞いた。

言葉で説明する必要のない
みんなが笑顔になる空間を

昨年末には1400年の歴史を持つ長野県・善光寺のインスタレーションを手がけた。コンセプトは「開花- Blooming moment -」で、蓮をテーマに幻想的な世界を表現。好評をうけ今年も実施される予定。

 「学生の頃、家族でフランスを旅行したときにある教会へ連れて行ってもらったんです。小さな教会なのに人がたくさんいるなって不思議に思っていました。最初は曇っていてわからなかったのですが、太陽の光が差し込むと床一面にステンドグラスの模様が広がって、その場にいた人たちが一斉に声を上げたんです。その時に『空間が変容する』ってなんて面白いんだろうって」

 南仏ニースにある、アンリ・マティスが手がけたロザリオ礼拝堂を訪れたことが、空間デザイナーを目指したきっかけだという。自らの原点と位置づけ、いまも数年に一度はその地に足を運んでいる。しかし、長谷川さんがデザイナーを志した頃には、まだ空間デザインという概念はなかった。

 「学校を卒業して最初に入社した会社が、本当にいろいろなデザインを任せてくれたんです。店舗ではなくある屋外空間に大きなクリスマスのインスタレーションを作る仕事があって、それがすごく楽しかった。訪れた人たちにわざわざコンセプトを説明する必要のない、ただ純粋にみんなが楽しいと思ってくれる空間を作る。そういう仕事をやっていきたいと感じた経験がいまの仕事につながっています」

 かくして長谷川さんは、空間デザイナーとして活躍する。2004年に起業しベルベッタ・デザインを設立。表参道や横浜のイルミネーション、丸の内のクリスマスインスタレーション、ショールームや商品のパッケージデザインに至るまで、仕事の内容は多岐にわたる。

 「空間デザイナーというと、日本では店舗やイベントデザインなどカテゴリーごとに特化している人たちが多いのですが、私は空間にまつわるものすべてを手がけています。大事なのは“空気をデザインする”こと。その場所にどんな空気を作るか、それを一番に大切にしています」

触覚や嗅覚など
五感に訴えるデザインを

KIMI HASEGAWA
桑沢デザイン研究所卒業。2004年にベルベッタ・デザインを設立。表参道や銀座のイルミネーションなど、大型商業施設のクリスマスデザインの演出やエキシビション・イベントでの空間演出を手掛ける。また商業店舗の内装からプロダクトデザインなどその活動は多岐にわたる。

 長谷川さんの傍らにはいつもスケッチブックがある。中を見せてもらうと、そこに描かれていたのはデザイン画というよりも、小さな絵がいくつも書き込まれた、絵コンテのようなものだった。

 「目に見えないものを自分の中で作り出していき、それをメッセージとして伝えるためにスケッチをたくさん描くんです。絵を大きくすると、うまく描くことに集中してしまう。大事なのはうまく描くことではなくて、何を発想するか。私が手掛ける仕事は、単に形をデザインするということではなくて、伝えるべきメッセージを描くこと。そして、メッセージは物語がなければ人には伝わらない。だから物語を紡ぎ出すことがすごく重要なんです」

 空気をデザインするために物語を紡ぎ、視覚や聴覚だけでなく、ときには触覚や嗅覚などの五感に訴えかけることを常に意識している。この夏に開催された新江ノ島水族館の仕事では、匂いをデザインに取り入れることを試みている。月に20〜30もの案件を並行してこなすほどの多忙を極める長谷川さんは、移動にはよくニューバランスを履いているのだという。

 「打ち合わせなどで移動も多く、現場の管理やデザインのチェックなど、特に大掛かりな演出がある仕事では、一晩中現場にいなくてはいけないこともあります。ですから、スニーカーには普段から助けられていますね」

 そう話す長谷川さんの足元を、ゴールドのアクセントがきいた880が彩っている。仕事柄、色のある空間と向き合うことが多いため、黒やシルバーといったモノトーンのものを選ぶことが多いと話す。

 「ニューバランスを履いてみて改めて感じたのが、長時間過ごしても快適なこと。最初はもっとソールがふかふかしている方が疲れないのかなと思っていたんです。でも実はそうじゃないんだと。圧倒的な違いに気づいたんです」

母親と社長の二足のわらじで
上手にワークライフバランス

WW880 WG4
「スニーカーがグレーなので、シルバーのアクセサリーをワンポイントにして全体のトーンを合わせました」と長谷川さん。仕事のときは空間に色をたくさん置くので、自分では黒などモノトーンを選ぶことが多いと言う。

 長谷川さんがニューバランスを手にするようになったのはご主人の影響なのだという。

 「特に勧めてくれたというわけではないのですが、主人が好きでたくさん持っているんです。そんなにいいのかなと、それなら買ってみようと思って」

 いまでは息子さんもニューバランスを選ぶようになったと話す。そしてときには原宿のフラッグシップストアにも足を運ぶ。

 「あれだけのラインアップが揃っているのはすごいですよね。足のサイズも正確に測ってくれますし。いま持っている別のモデルのスニーカーもあそこで買いました。別のお店で違う色のものがあって、原宿のお店に行けば他の色があるのかなと思って行ったらやっぱりありました」

 新しいものを見たり、新しいことに挑戦するのがすごく楽しいと話す。最後にこれからの目標について尋ねてみた。

 「やりたいことはたくさんあるんですが(笑)、大きくは2つ。1つはカルチャーを生み出すような、想いがある人たちが集う場所を作ってみたい。クリエイターたちが集まってそこからコラボレーションするなどして新しい文化が生まれる場づくりができたらいいなと。もう1つは女性のクリエイターを支援できるような仕事がしたい。女性のデザイナーは多いのですが、トップを走ってやっている人はすごく少ない。ハードな仕事ですし、家庭の事情などもあって女性が続けていくのは難しい環境でもあります。私も結婚して子どももいて社長業もやっていますが、どうやって両立しているのかと学生からもよく質問を受けます。なかなか一言では言えませんが、時間を管理する。時間に支配されるのではなくて時間を支配する、という話をよくします」

 母親と社長の“二足のわらじを履く”というと、本来その言葉にはどちらも中途半端になってしまうようなネガティブな意味合いがあるという。しかし、長谷川さんからそんな様子は微塵も感じられない。住居とスタジオを隣接させるなどして、上手にワークライフバランスをとっている。そして二足のわらじならぬニューバランスを履いて、新たな挑戦に奔走する。

「改めて感じたのが、
   
長時間履いても快適なこと」

「最初はもっとソールがふかふかしている方が疲れないのかなと思っていたんです。でも実はそうじゃないんだと」と長谷川さん。880は柔らかな素材と硬い素材の2レイヤー構造のソールを採用することで衝撃を吸収、さらにフィット感を高めたことでクッション性と安定性を両立している。

WW880 WG4
10,900円(税抜)

購入はこちらから