企業における今後のクラウド活用の主役となるのは、複数のパブリッククラウドとプライベートクラウドを組み合わせたマルチクラウド。ただ、限られた人材でそのマルチクラウドを使いこなせないのが現状だ。この問題を解決するには、クラウド活用のレベルに合ったIT人材戦略で臨むことが重要。手段の一つとしてノンコア業務はITアウトソーシングを活用して“外出し”することで、情報システム部門はIT企画業務に専念できるようになる。

クラウド対応の人材戦略は活用度によって異なる

ノンコア領域を外部企業に委託 正社員はIT企画業務に専念する

まずはSTAGE 2「IaaSレイヤーのマルチクラウド」を目指して