「現場フレンドリー」が可能にする 変化への対応とスムーズな全社展開 働き方改革を背景にRPAやAIの導入が進行中だ。しかし「期待通りの効果が出ない」「経営層への説明責任を果たせない」といった課題を抱える企業も少なくない。こうした企業に共通するのは、現場視点の欠如だ。業務を担う現場にとっていかに使いやすいRPAを導入するかがカギを握る。キーワードは「現場フレンドリー」。これを実現するNTTアドバンステクノロジの「WinActor」は市場から高い評価を受け、ユーザー数を急速に拡大している。

よりインテリジェントなRPA 働き手の最大活用を目指す

ノンプログラミングで業務シナリオの作成・編集が可能

従量課金モデルやマネタイズなどサービス面の強化にも注目