【特長&メリット解説】あらためて押さえておきたい「VPN」とは?

専用線の課題を解消した、手軽に使える“仮想的”な通信回線

VPNは、「Virtual Private Network」の略で、「仮想プライベートネットワーク」と訳される技術である。主に本社/支店といった離れた場所にある拠点同士の接続を可能にするもので、例えば本社のサーバーで保管されている業務資料などに、支社の社員がアクセスできるようにすることが可能だ。

VPNの登場以前、地理的に離れた拠点間をつなぐネットワークの仕組みを実現する際には、「専用線」が用いられてきた。これは文字通り、拠点間を利用する企業専用の回線である。業務資料の閲覧などといった用途上、通信には高いセキュリティが要求されるため、こうした仕組みが評価され、広く用いられてきた。

ただ半面、コストがやや高い点はデメリットだった。具体的には物理的に回線を占有するかたちのため、ランニングコストは高額になりがちである。

VPNは、こうした課題を解決するものとして1990年代後期に登場した。様々なユーザーが共用するインターネット回線の中に、特定ユーザーだけが通信できる仮想の“トンネル”を用意することで安全性と帯域を確保。トンネル内部を流れるデータにも暗号化などを施すことで、情報漏洩などのリスクを低減している。


VPNの種類は大きく2つ それぞれに特徴を持つ

図 VPNサービスの種類

図 VPNサービスの種類

[画像のクリックで拡大表示]

また、実はVPNには2種類ある。1つが、ここまで紹介してきた構造を持つ「インターネットVPN」。もう1つが「IP-VPN」と呼ばれるもので、こちらはインターネット回線ではなく、通信事業者が保有する通信網に閉じたネットワーク、つまり閉域網の中でVPNを構築する方式である(図)。

IP-VPNの特長は、インターネットVPNを超えるセキュリティ品質と、安定・高速な通信速度だ。当然、ランニングコストはインターネットVPNに比べて若干高くなる傾向があるが、VPNの使用目的や、ユーザー企業が通信環境に対して求める信頼性・安全性、コストなどの要件によって、どちらを選択するかを検討するのがよいだろう。

業務のデジタル化が加速する中、社員同士の業務コラボレーションなどを支えるものとして、拠点間のデータ通信ニーズは日増しに高まっている。自社に合ったVPNサービスを選ぶことが、競争力強化のカギを握るといえる。


お問い合わせ

NTT東日本コンサルティングセンター
TEL:0120-009-070
E-mail:contact@ntteast-consulting.jp