グローバルとの比較で大きく後れているといわれる、日本企業のデジタルトランスフォーメーション(DX)。この状況を打開し、企業がDXを成功に導くには、問題を「トップマネジメント」「マネジメント」「メンバー」の各レイヤーに分解・検証した上で、解決に注力していくことが肝心だ。PwCコンサルティングは、ありがちな失敗例を反面教師としながら、今求められるアプローチを日本企業に提言している。

海外に比べ大きく後れている日本企業のDX推進状況

リスクを嫌う「様子見」ではDX本来の目的は達成できない

商用化や運用までを見据えてリスクを可視化し、排除する