AIによるイノベーションを起こす戦略と戦術を描くための「4W1H」とは 圧倒的な処理能力、コモディティ化などを背景に、これからのビジネスにAIは欠くことのできない重要な技術となる。では、利活用を進めるには、どのように人を育てて組織を作り、何から取り組むべきか。ストックマークの林 達氏は、それを「4W1H」に沿って解説した。例えば、「WHO(誰)」については、無償で公開されているAIのAPIを利用すれば、現有の社内人材だけでAIに取り組むことも可能など、AIスタートアップならではのノウハウを披露した。

大胆な配置転換でAI人材を社内で育成 AIスタートアップ企業も積極的に活用

経営トップ層のコミットを得て辛抱強くトライアル&エラーを

これからのAI活用の主軸はテキストデータ解析