スコッチの王道バランタインから学ぶ「王道」の流儀

「スコッチの王道」として、世界中で愛されるバランタイン。「時代を超えて愛され続けるものづくりを見習い、われわれも王道を目指したい」と語るのは、「無水調理」を可能にする鋳物ホーロー鍋、バーミキュラを開発した愛知ドビーの土方邦裕代表取締役社長だ。

  • 愛知ドビー株式会社
  • 代表取締役社長
  • 土方 邦裕

世界に一つの製品を生み出し、職人の誇りを取り戻したい

水を使わずに、野菜の水分だけでカレーやシチューが調理できる「無水調理」が話題となり、2010年の発売以来、ヒットを続けているのが愛知ドビーの鋳物ホーロー鍋、バーミキュラだ。

「ステンレス鍋よりも野菜本来のうま味を引き出しやすい鋳物を素材に使用しながら、うま味や水分を逃さないように、鍋と鍋蓋を密着させる技術を生み出しました」と土方氏は説明する。

愛知ドビーは、1936年に愛知県名古屋市で創業した老舗鋳造メーカーである。

繊維に折柄を付けるドビー機を製造していたが、繊維産業の衰退とともに、鋳造部品を製造する下請け業者となる。

「工場で働く職人たちが、ものづくりに対する誇りや自信を失ってしまったことが何よりも悲しかった。そこで弟と一緒に父から会社を受け継ぎ、メーカーとして返り咲くことを目指したのです。バーミキュラを世に送り出せたことはもちろんですが、職人たちが誇りを取り戻してくれたことが何よりもうれしい」と土方氏は微笑む。

鍋と鍋蓋の接合部分に隙間ができないように、職人が手作業で0.01mmの精度まで削り出す。80年以上培ってきた鋳造技術と、試行錯誤を繰り返したどり着いた精密加工技術によって、密閉性の高い鋳物ホーロー鍋が生まれた。