BRAND LIST

HUBLOT
ウブロ
クラシック・フュージョン クロノグラフ チタニウム グリーン

人気のクロノグラフをベースに、注目色であるグリーンをダイヤルとストラップに取り入れた。グリーンとはいえダークトーンの落ち着いた雰囲気なので、グレーメタルのチタンケースと好相性。今年はサイズがひと回り小さくなり、よりトレンド感を楽しめる。
自動巻き、Tiケース、径42㎜、110万円

クラシック・フュージョン クロノグラフ ベルルッティ コールドゴールド

今年で4年目を迎えるベルルッティとのコラボレーションモデル。今年もダイヤルやストラップにはパティーヌ仕上げの美しいヴェネチアレザーを使用するが、新たにケースにはベルルッティの象徴であるスクリットを彫り込んでおり、ウブロらしいインパクトを作る。
自動巻き、ブロンズケース、径45㎜、222万円、世界限定200本、6月19日発売

デザインコードに隠された妙味

 ウブロは「The Art of Fusion」というコンセプトを掲げている。様々なスタイルや素材を融合(Fusion)させることで、未知なる時計を作るのだ。しかし“何でもあり”ではブランドとしての世界観を伝えることはできない。そこでウブロはいくつかのデザインコードを骨格と決めた。船窓をイメージしたベゼルやH型のビス、ケース左右の“耳”などを共通させ、ウブロらしさを表現しているのだ。
 この戦略によって、ウブロの時計は幅広く発展することが可能になった。例えばカラーリング。デザインに安定感があるので、

意外性のある色(今年ならグリーン)を取り入れても違和感がない。さらにはコラボレーションモデルでも強みを発揮する。ゼロから企画を進めるのは大変だが、すでにベースとなるデザインがあるので進むべき表現が明確になる。その結果、ベルルッティとのコラボレーションのように、大胆不敵ながら収まりの良い時計にまとまるのだ。
 インパクトだけを追求していると、やがては刺激に慣れてしまう。しかし軸がぶれなければ、どんどん分厚いファン層が構成されていく。ウブロが躍進を続ける理由はここにある。

問/LVMH ウォッチ・ジュエリー ジャパン ウブロ ☎︎03-5635-7055
PREV LIST

掲載の内容は2019年6月時点の情報です。製品価格は税抜表記となっております。
最新の正式価格につきましては各メーカーへお問い合わせください。