BRAND LIST

TAG HEUER
タグ・ホイヤー
オータヴィア キャリバー5 COSC

1933年に計器として誕生し1962年に腕時計へと進化した「オータヴィア」。1985年に終了したこの傑作が、再びレギュラーモデルに。アイソグラフ搭載のムーブメントを使用しており、さらにはグラデーションダイヤルというトレンドも押さえた、今年の要注目モデルである。
自動巻き、SSケース、径42㎜、42万5000円、6月発売予定

誰もが最新技術を手にできる

 かつてはF1、現在はイングランドやスペインのサッカーリーグやJリーグの公式計時も担当しており、スポーツウォッチの名門として知られるタグ・ホイヤー。一方、近年は最新テクノロジーをいち早く取り入れる前衛的な時計作りでも注目されている。タグ・ホイヤーが目指すのは、「価格以上の価値を提案する」こと。そのため最新の製造技術や特殊素材を積極的に取り入れるのだ。
 今年は、時計の心臓部である「ヒゲゼンマイ」というパーツをカーボンコンポジット素材で製造する技術を世界で初めて導入。

その結果、耐衝撃性や耐磁性能を向上することができた。この技術を用いた機構「アイソグラフ」を、一般的なモデルにも搭載しているのも特徴。さらに均質なパーツができあがるため、精度を高めやすく、高精度の証であるC.O.S.C.認定クロノメーターを取得している。つまり誰もが最新技術の恩恵にあずかれるのだ。
 こうした企業姿勢こそがタグ・ホイヤーの最大の魅力でもある。通常モデルの細部を進化させることはユーザーのメリットも大きい。タグ・ホイヤーは、次世代の実用時計を目指しているのだ。

問/LVMH ウォッチ・ジュエリー ジャパン タグ・ホイヤー ☎︎03-5635-7054
PREV LIST

掲載の内容は2019年6月時点の情報です。製品価格は税抜表記となっております。
最新の正式価格につきましては各メーカーへお問い合わせください。