eラーニング・研修プログラム編

働き方改革推進や社会情勢への対応などで、企業のテレワーク導入が具体的かつスピーディーに現実化している。
オンライン上でのビジネスコミュニケーションが増えるなか、社員の業務上必要なスキルの習得に
eラーニングやWeb学習サービスを活用したいという企業の意向も高まりを見せている。
また、社員個人としても、在宅による業務の効率化で生まれた時間をオンラインでのスキルアップに充てたいという
ニーズがますます増えていくことが予想される。
リモートワーク時代にオンラインスキルアップのあるべき姿を考察する。

Focus Content Related Links

注目記事

総論

コロナ禍で浮き彫りになる人材育成の課題と可能性
人と企業を成長させる研修のあり方とは
~リモートワーク時代のオンラインスキルアップソリューション特別座談会~

コロナウイルス感染拡大を受け、大きく変わったニッポンの働き方。研修においても対面型や集合型は難しくなり、一気にオンライン化が進んだ。ウィズコロナにおいて、企業は今どんな取り組みをしているのか。また、そこで得られた知見をポストコロナにどう生かしていくのか。ここでは日本イーラーニングコンソシアムの加藤憲治会長をはじめ、オンライン研修を積極的に取り入れてきた日立製作所、日本生命保険、アステラス製薬の各キーパーソンによるオンライン座談会の様子を紹介する。
(モデレーター:マイクロラーニングコンソシアム代表理事 川口泰司氏)

オンラインとオフラインの逆転現象
教育・研修のトレンドを読み解く

マイクロラーニングコンソシアム
代表理事 川口 泰司 氏
※本取材はテレビ会議システムを活用し、実施しました
特定非営利活動法人 日本イーラーニングコンソシアム
会長 加藤 憲治 氏
※本取材はテレビ会議システムを活用し、実施しました

川口 コロナ禍で一気に加速した、企業研修のデジタルトランスフォーメーション。その背景にある、オンライン研修を取り巻くトレンドについて、まずはじめに、日本イーラーニングコンソシアムの加藤会長にお聞きします。

加藤 世界のeラーニングマーケットは、2019年で約20兆円。対して日本市場は個人向けを含む総額で2354億円、法人市場だけだと690億円弱※と、まだまだ小さいのが現状です。ただし、前年度比では7.7%の伸びを示しており、このコロナ禍でさらに大きなパラダイムシフトが起きているのも事実です。従来はオフライン7割:オンライン3割で行われていた研修も、3:7と逆転しつつあります。これにより移動および会場準備にかかる時間や費用が大幅に削減され、新たな人材育成投資の余地も生まれました。

また、オンライン研修によるコンテンツの多様化や学習支援機能により、学習活動のきめ細かな記録や分析に基づいた個別最適学習の実現なども期待されています。一方で、スマートフォンを使った学習のモバイル化も進み、ICTとeラーニングプラットフォームは、教える側と学習する側の単なるコミュニケーションツールではなく、⼈材育成において不可⽋な基盤、環境となっていくでしょう。
※矢野経済研究所調べ

川口 日本のeラーニング市場が停滞していたのはなぜですか。

加藤 一つところに集まって師に教えを請う、昔ながらの寺子屋的教育思想が根強かったためでしょう。ただ、これからはそうも言っていられません。アメリカでeラーニングが急速に伸びたのは、2002年といわれています。2001年の9.11を機に移動が制限された結果、いや応なしに教育のオンライン化が始まったんですね。今日本をはじめ、世界中でそれが起こっているということです。

加速する企業研修のデジタル化 コロナ禍における各社の取り組み

おすすめコンテンツ