発酵技術でごみを出さないサステナブルな循環型社会を構築

2009年に創業した同社は、未利用資源を発酵・蒸留してエタノールを製造。残った発酵粕は化粧品の「原料」や鶏・牛の餌に活用し、さらにその鶏糞や牛糞は畑や田んぼの肥料にするなど、ごみを出さないサステナブルな循環を地域コミュニティーと一緒に作り、原料から製品まで一貫した提案で世の中の注目を大きく集めています。