日経ビジネス電子版Special

クリーンエネルギーで持続可能な発展を  水素社会の実現を加速するJ-POWERの挑戦/写真提供:大崎クールジェン株式会社

国内外の電気事業をリードする電源開発株式会社(以下、J-POWER)が、未来のエネルギーの姿を示し始めた。CO₂削減という世界的ニーズを背景に、水素エネルギーの製造技術と、それを可能にする石炭火力の究極の高効率発電技術の実用化にめどをつけているのだ。新たなエネルギーミックスの時代が始まろうとしている。

水素活用の具体的なモデルを示す豪州プロジェクト

笹津 氏
J-POWER
取締役常務執行役員
笹津浩司

 CO₂削減が喫緊のエネルギー問題として叫ばれる昨今、持続可能な社会の実現に向けて、クリーンなエネルギー開発の需要が高まっている。国内外で安定した電力を供給するJ-POWERで技術開発を担う取締役常務執行役員の笹津浩司氏は、「エネルギーを不断に提供しなければいけない中で、必要なものは冷静かつ柔軟な発想です。日本ではとくに2つの視点で考えなくてはなりません」と強調する。

 1つが、エネルギーミックスの重要性だ。日本には水力、風力などの再生可能エネルギーが豊富にあるが、発電量の変動が大きいのもあり、それだけでは安定供給が困難である。そのため、需要とのミスマッチを補完するエネルギーの確保が必要となる。

 もう1つが、CO₂フリー電源の必要性だ。エネルギーの安定供給を実現するために化石電源は必要だが、化石資源をただ燃やすのではなく、高度な技術を使い「よりクリーンなエネルギー」としていかなければならない。

 J-POWERは、2つの視点から長年にわたり技術開発に取り組んできた。その中でも、期待が高まっているのが「水素」だ。水素は、燃やしてもCO₂を排出しないクリーンエネルギーだが、一般的に水素の製造や運搬などの技術は開発の途上にある。

 しかしエネルギー史に新たなページを刻む水素プロジェクトの実証実験が、今まさに進行している。「日豪水素サプライチェーン構築実証事業(以下、HESC※1プロジェクト)」である。

 HESCプロジェクトでは、豪州の未利用褐炭から水素を製造し、液化して船で日本へ運ぶといった、生産、輸送、貯蔵を含む一連の水素サプライチェーンの確立を目指している。J-POWERの他、複数企業がコンソーシアムを組んで取り組んでいる。

 その中でもJ-POWERは、褐炭から水素を製造する肝要な役割を担っている。2020年内に水素の製造を始める計画だ。「原料となる褐炭は、石炭の中でも低品位なもので水分量が多く、従来は現地の発電で限定的にしか利用されていませんでした。しかし水素原料に利用することで、安価で安定した水素供給を実現し、水素利用の拡大に貢献できると考えています。また実証試験では、水素製造の安定性を確認するだけでなく、どの地層の褐炭が水素原料として適しているかなどを検証していきます」と笹津氏は語る。

※1 HESC:Hydrogen Energy Supply Chain

褐炭/褐炭ガス化設備イメージ
HESCプロジェクトでは、豪州ビクトリア州ラトロブバレーの褐炭を水素の原料とする。膨大な資源がある炭鉱(左)は、浅い所に石炭があるので露天掘りができ採炭費用もかさまない。現在、褐炭ガス化炉・水素製造試験設備(右)の建設・試運転を進めている
(写真提供:HySTRA)