日経ビジネス電子版 Special

新しい「淡麗グリーンラベル」が売上好調!

ビール好きの青木裕子も大満足の「カラダ、気持ちいいおいしさ。」

提供:キリンビール株式会社

自分へのご褒美にビールを楽しむというフリーキャスターの青木裕子氏。
そんな彼女を驚かせたのが、この春のリニューアルで早くも販売数量が前年比*約2割増と大幅に伸長し、
4月の製造予定も約1割増と好調の「淡麗グリーンラベル」のおいしさだ。
ビール好きをも満足させる本格的な味わいで、糖質70%オフを実現。
その秘密は、キリンビールがこだわり抜いた原料・工程にあるという。
青木氏が体感し、本音で語った、新しい「淡麗グリーンラベル」の魅力とは──?*2019年4月7日~20日 販売数量

新しくなった「淡麗グリーンラベル」おいしさの理由は原料と工程にあり!

──育児に家事にお仕事に、と忙しい毎日を過ごされている青木さん。健やかな美しさを保つために、日々心がけていることはありますか。

自分のためというよりは、家族が元気でいてくれるよう毎日の食事には気をつけていますね。食卓にはなるべく季節の野菜や果物を多く取り入れるようにしています。またカラダにいい発酵食品は私自身も大好きなので、納豆をよく食べますし、お味噌も子どもたちと一緒に手づくりしています。4歳と6歳の男の子なんですが、大豆をつぶしたり麹と混ぜ合わせたりと、はりきってお手伝いしてくれるんですよ。

──毎日の食卓や食育を楽しんでいらっしゃる様子が目に浮かびます。

何かを頑張るというよりは、おいしく楽しくつくって食べた結果が健康につながるというのが、いちばんだと思います。あと、食卓を楽しむという意味では、お酒やビールもよく飲みますね。

青木裕子氏

──お酒はどんなときに楽しまれていますか。

子どもが生まれる前は外に飲みに行くのが楽しみでしたが、今はお弁当づくりなどで朝が早いので、夜遅くまで飲むようなことはなくなりました。その代わり、夕方仕事から帰ってきてからの"お疲れさまビール"が、私のご褒美です。気持ちよくリフレッシュすることで、「さあ、明日も頑張るぞ!」というモチベーションアップにもつながります。

──そういうときはやっぱりビールなんですか。

お酒はシャンパン、ワイン、日本酒、紹興酒、マッコリとなんでも好きですが、仕事終わりや最初の一杯はビールですね。最近は家飲みが多くなってきたものの、キャンプやバーベキューなどアウトドアで飲むビールもまた格別です。

──発泡酒や糖質オフ系のビール類を飲まれることもありますか。

正直あまりないです。飲まず嫌いなのかもしれませんが、お酒好きとしては物足りないイメージがあって。でも糖質やカロリーのことを考えると、これからは意識したほうがいいのかなとも思っているので、満足できる味であればぜひ飲んでみたいですね。

新・淡麗グリーンラベル

──そんなビール好きの方にも支持されているのが、キリンビールの発泡酒「淡麗グリーンラベル」です。その理由は、ビールと同じ原料と醸造工程でつくられていて、おいしさを保ちながら、糖質70%オフ*を実現しているから。今春のリニューアルでさらにおいしくなったと評判で、販売数量は前年比約2割増、4月の製造予定も約1割増と好調です。*日本食品標準成分表2015年版(七訂)による。

ビールと同じ原料とつくり方というのが魅力的ですね。糖質をカットするために、何か別のものを添加するという発想をしないところにとても信頼が持てます。どんなお味なのか、ますます興味が湧いてきました。