日経ビジネス電子版Special

グッドキャリア企業アワード2019|シンポジウム 社員を育てる企業表彰 グッドキャリア企業アワード2019|シンポジウム 社員を育てる企業表彰

2019年11月27日、渋谷ストリームホールにおいて、厚生労働省主催「グッドキャリア企業アワード 2019」シンポジウムが開催された。「グッドキャリア企業アワード」は、従業員の自律的なキャリア形成支援について他の模範となる取組をしている企業などを表彰するもの。その理念や取組内容、具体的な効果などを広く発信・普及することによってキャリア形成支援の重要性を社会に広め、定着を期すことを目的に実施している。
2012年度からスタートした「グッドキャリア企業アワード」。今年度は54社の応募の中から厳正な審査を行い、「大賞」5社と「イノベーション賞」5社をそれぞれ表彰。変化する経済社会に自律的に対応できる人材育成、そして働く一人ひとりの能力と生産性の向上を推進している先進企業の事例を学ぶ機会にもなった。
※2012年度から2015年度までは「キャリア支援企業表彰」として実施し、2016年度に「グッドキャリア企業アワード」に呼称を変更。

グッドキャリア企業アワード 2019

審査総評

<審査委員長>

法政大学経営大学院
イノベーション・マネジメント研究科 教授
藤村博之

今回の「グッドキャリア企業アワード2019」には54社から応募がありました。「大賞」が上位で、「イノベーション賞」が下位ということではありません。前者は企業全体で取り組み、それに対して成果が顕著に出ている企業です。後者は「特にこの取組はとても評価できる」という視点で選出しました。

キャリア開発というのは、売れる能力を維持し続けることだと思います。しかし、5年後、10年後にどういう能力が売れるようになるかは誰も分かりません。そのため、手探りで考えていくしかありません。様々な取組をしている今回の受賞企業を見てみると、共通して大事な点が3つあると言えます。

1つめは「言葉で表現する」ということです。社員の将来的なキャリア形成を支援するには、まずは現状の評価が必要です。それには、きちんと言葉で表現して初めて足りているところと足りていないところを認識できます。これは本人任せにはできません。企業が用意したさまざまな支援プログラムを活用することで明らかになってきます。これについては、受賞したほぼ全社が取り組まれています。

2つめは「自分の頭で考える」こと。会社には会社の都合があります。一方、社員には個人個人の希望があります。社員が希望する部署に行けないことの方が多いと思いますが、いざ新しい仕事をしてみると思わぬ才能を発揮することがあります。各企業の取組を見ると、社員の将来プランや考えを企業側がなんとか実現させていこうと努力しています。ただ、その前に自分の頭で考えさせています。普段から自分の頭で考える習慣が身につくと、変化に対応する力が高まり、予期せぬことが起こったときにも対処できるようになります。そうした社員が増えることで社内が活性化し、ひいては企業全体の競争力強化につながります。今回の受賞企業も、この「自分で考えること」を奨励しています。

3つめは「ダイバーシティ」です。多様性を追求していくと、いろいろな意見があるので実は現場は大変になります。しかし、一方では人それぞれの意見や考えが得られるというメリットがあります。たった一つの考え方は危険です。ダイバーシティは非効率的に見えるかもしれませんが、一人ひとりを大切にするとそれぞれの考えが“活きる”企業になります。そうした取組をしている企業が、最後は生き残っていくのではないかと思います。

今回受賞した企業の“事例を”学ぶのではなく、“事例に”学ぶようにしてください。各社が取り組んでいることをそのまま自社に取り入れてもうまくいくとは限りません。従業員構成も企業の強みも違います。「この企業の取組からわが社は何ができるのか」という視点で、ぜひ事例に学んでいただきたいと思います。

<審査委員>※敬称略

井手明子(日本電信電話株式会社 常勤監査役)/北浦正行(武蔵大学 客員教授)/坂爪洋美(法政大学 キャリアデザイン学部 教授)/日置政克(THK 株式会社 社外取締役、株式会社小松製作所 顧問、株式会社すき家 社外取締役、株式会社瑞光 社外取締役、立命館大学大学院経営管理研究科 客員教授)/井内 雅明(厚生労働大臣官房審議官)

パネルディスカッション「グッドキャリア企業 -社員が成長できる企業-とは」

[コーディネーター]

法政大学経営大学院 教授 藤村博之 氏

×

[パネリスト]

グッドキャリア企業アワード 2019 受賞企業4社

  • Good Career Company Award 2019
  • 大賞[厚生労働大臣表彰]
  • イノベーション賞[厚生労働省人材開発統括官表彰]
  • パネルディスカッション
ページの先頭へ