AI、機械学習、IoTなどの最新のテクノロジーを活用した「Luminate」は次世代型デジタルサプライチェーン・プラットフォームだ。サードパーティのデータソースを含めたリアルタイムの関連情報を連携し、収益性の高いビジネス意思決定を導くコグニティブ・コネクテッド・オープンなプラットフォームである。

Microsoft Azure 上で稼働するSaaSベースで提供し、可視化(visibility)から、予測的(predictive)、処方的 (prescriptive)段階を経て、最終的にはサプライチェーンの自動化、自律化までを視野に入れ、小売各社のサプライチェーンの成熟度に応じた課題解決を支援する。

最先端技術の活用により、サプライチェーンマネジメント (SCM)の最適化・高度化を可能にする「Luminate」は、4,000社を超える世界トップクラスの企業で活用されている。

サプライヤー、工場、配送センター、卸売業者、小売業者、顧客など関係者のネットワーク全体にわたって製品・商品のフローを可視化し、幅広いパートナーエコシステムを活用することで、需要を正確・迅速に予測・形成できることにより商品の提供方法を変革。インテリジェントな補充や、売上と利益の拡大、優れた顧客経験の提供等が実現可能になる。

導入後は、需要予測精度を95%に向上、欠品率・廃棄ロスの大幅削減、発注の自動化率最大99%、など幅広い効果が報告されており、これらの効果による売上、利益の向上が実証されている。

また、昨今の新型コロナウイルス感染症拡大によるサプライチェーンの混乱に対しても、感染のホットスポット情報に基づく状況のリアルタイムの可視化や監視、需要と供給のリアルタイムマッチングなどにより、影響を適切に管理、最小化し、サプライチェーンの回復力や弾力性の向上を支援する。

導入メリット

  • ・Luminate Control Tower – サプライチェーン全体の司令塔としてリアルタイムの可視化を実現。
  • ・Luminate Demand Edge、Luminate Store Fulfillment -数百の変数に基づくインテリジェントな需要予測・補充計画。
  • ・Luminate Clearance Price、Luminate Market Price -価格最適化(通常価格、マークダウン、販促価格)。

活用事例

  • ■課題とニーズ

    需要予測の精度を上げるため、外部企業を含めたより広範囲のデータソースを利用できるようにしたい。欠品、廃棄ロス、在庫・補充量の最適化など現状のSCMの課題を素早く解決したい。店舗発注や価格最適化を可能な限り自動化することで、業務負荷を抑制し市場ニーズにリアルタイムで対応したい。

  • ■導入後の効果

    需要予測精度を95%に向上、欠品率・廃棄ロスの大幅削減、発注の自動化率最大99%、など幅広い効果が見られ、またこれらの効果による売上、利益の向上も実証された。AIや機械学習、IoTの活用により、高度な需要予測や発注・価格の推奨案の自動作成、日次提示も可能に。

紹介動画

問い合わせ先情報