CTCスマホレジ決済サービスは、機会ロスとレジ付近の混雑を解消する新しい決済サービス。来店客が手に取った商品をスマートフォンで読み込んで、その場で決済可能にするソリューションだ。来店客のスマートフォンで決済を行うため、店舗スタッフとの接触をせずに決済が出来る点も大きな特徴だ。

顧客は店舗入口で店舗QRコードを読みとってチェックイン。商品を購入する際にはタグなどに付けられたバーコードを読みとって購入を決定し、そのままスマホアプリで決済する仕組みで顧客はレジの列に並ばなくてもすぐに購入して退店できる。レジ混雑時や、顧客が商品を気に入ったとき、気が変わる前にすぐに決算まで完了することで販売機会ロスなどを防げる。買い物のストレスを軽減させることで、リピート客の増加にもつながる。

さらに店員がレジに行く必要がないため、店舗店員の不足する時代にあって業務効率化を進めることにも役立ち、少ない人員でも丁寧な顧客対応が可能になる。

商品マスタや在庫情報とも連携可能で、店舗運営そのものの業務可視化、効率化を推進しながら、多くの顧客がすぐに利用できるサービスだ。

導入メリット

  • ・レジの混雑と販売機会ロスなどを防ぐ。店員がレジに行く必要がないため、声がけができ顧客満足度もアップすることに加え、来店客は接触せずに決済ができる。
  • ・商品マスタや在庫情報とも連携可能で、店舗運営そのものの業務可視化、効率化を推進できる。
  • ・多くの顧客がすぐに利用できるサービスを提供しながら、店舗全体の生産性向上を推進できる。

活用事例

  • ■課題とニーズ

    店舗スタッフが十分に確保できないなかで、業務をこなしながら顧客との対話の時間を増やしたい。顧客に新しい購入体験を提供しつつ、データの分析力を高めていきたい。レジが混む時間帯をできるだけ減らし、セルフレジのコスト負担も低減したい。

  • ■導入後の効果

    顧客自身のスマホでバーコードを読み取って商品を購入できるため、顧客はレジの列に並ばなくてもすぐに購入して退店してしまう。買い物のストレスを低減させることで、リピート客の増加にもつながる。顧客がセルフで商品を購入できるため、スタッフの業務の手間が減り、少ない人員でも丁寧な顧客対応が可能。

紹介動画

問い合わせ先情報