CTCスマートシェルフは、商品棚に設置された各種センサー、AIカメラ、サイネージによって来店者の年齢、性別などを判断し、手に取った商品に合わせた動画や販促写真などを表示するソリューションだ。

各棚前で取得した顧客属性、棚前に立ち寄った人数、手に取ったが購入しなかった数、販売個数などを可視化し、棚ごと、商品ごとのマーケティング戦略が可能になり、顧客の行動に即して店舗レイアウトや棚割りを改善できる。

視覚・聴覚に訴える販促がサイネージによって可能になり売上増につながる。またサイネージへクーポンやECサイトで購入できるQRコードを表示させることが可能で、OMO(Online Merges with Offline)の購買体験ができる仕組みになっている。

導入メリット

  • ・顧客の各棚前の行動と属性を詳細に把握、分析できるため、棚ごと、商品ごとのマーケティング戦略が可能。
  • ・棚前の行動を記録できるので、商品を手に取った(が、購入しなかった)顧客の把握も可能に。
  • ・店舗の各棚での顧客行動分析ができるため、店舗レイアウトの改善、全体最適化につなげることが可能。

活用事例

  • ■課題とニーズ

    イベントや注目商品など、より効果的に販促したい。購入した記録だけでなく、手に取ったが購入しなかったといった行動を顧客の性別や年齢ごとに分析するなどしてマーケティング戦略を高度化したい。顧客の行動に合わせた店舗レイアウトを実施したい。

  • ■導入後の効果

    より視覚・聴覚に訴える販促がサイネージによって可能になり、売上増に貢献する。顧客の細かな棚前での行動を分析することで、商品の設置方法や新商品の投入などが進み、マーケティング戦略の効果が表れ始めている。また、顧客の行動に即して店舗レイアウトや棚割りを改善。

問い合わせ先情報