廉価に膨大なデータを収集可能な IoT 専用の LAN 「EXBeacon プラットフォーム」により、従業員の動きや店舗環境データを常時収集。店舗のデジタルツインを実現し、少人化運営を可能にする。

EXBeacon プラットフォームの運用により、夜間の作業状況やHACCP対応に必要な冷蔵庫、冷凍庫などの温度を容易に自動測定・収集するなど、各店舗の状態を遠隔から一括で管理することができる店舗の中央管理体制が構築可能となる。

また、蓄積データをAIツール、BIツールを用いて解析し、作業の見える化により店舗業務の無駄や非効率を明らかにすることで、業務の改善につなげることができる。

導入メリット

  • ・作業と場所を紐づけて作業日報の自動生成し、店舗業務の無駄や非効率を明らかに。
  • ・HACCP対応に必要な冷蔵庫、冷蔵庫などの温度を容易に自動測定・収集。
  • ・各店舗の人の動きや環境状況を、遠隔地からでもリアルタイムで一括管理可能。
  • ・従業員の業務改善につなげ、店舗の少人化運営を可能にする。

活用事例

  • ■課題とニーズ

    人手不足のため、仕事がうまく回らない。夜間などの時間帯に効率よく作業をこなせない。日報データから作業の無駄や効率性が分析できない。たくさんある店舗のリアルタイムデータが集まらず、中央管理体制の構築が難しい。HACCP対応のために各所の環境データが必要だが、データ収集に手間がかかり、システムを導入するにはコストがかかりすぎる。

  • ■導入後の効果

    作業と場所を紐づけ、作業員の位置と動きを測ることで、日報を自動生成。作業の見える化により、無駄や効率性を分析可能に。各店舗の状態がリアルタイムでクラウドに集計されるので、店舗の中央管理体制を構築可能に。EXBeacon プラットフォームにより、測位だけでなく環境データを簡単に収集できる。

紹介動画

問い合わせ先情報