デジタルを活用した顧客中心のコミュニケーションを実現するうえで、多様化するチャネルへの対応と、大量に発生する画像や動画といったデジタルアセットの適切な管理が大きな課題となる。そしてなによりも、それらを迅速に市場に展開していくスピードが求められる。

Adobe Experience Managerはオンラインからリアルでの接点まで、顧客一人一人に対して一貫性のあるデジタルエクスペリエンスを管理・配信する強力なプラットフォームだ。

AIプラットフォームであるAdobe Senseiを活用し、ウェブサイトだけでなく、サイネージやIoT機器を含めた多様なチャネルのコンテンツ配信が実現できる。

Adobe Creative Cloudとの連携による、制作を含めたシームレスなデジタルコンテンツ管理が可能になる。ウェブサイトやモバイルアプリから、店舗やビーコンまでチャネル間での一貫性で顧客を引きつけるタイムリーなコンテンツを配信することでブランドに対するロイヤリティを高め、需要を押し上げていくようなデジタルエクスペリエンスをカスタマージャーニーの中で提供し続けることができる。

また、複数のチャネルに配信するコンテンツを一括管理することで、制作や検証にかかるコストの削減が可能だ。

導入メリット

  • ・サイネージやIoTなど、ウェブサイトやアプリだけではない多様なチャネルのコンテンツ配信を実現。
  • ・Adobe Creative Cloudとの連携による、制作を含めたシームレスなデジタルコンテンツ管理を実現。
  • ・増え続けるデジタルアセットを最大限活用するための、AIも活用したアセット管理を実現。

活用事例

  • ■課題とニーズ

    某リテール企業において、ブランドが多く存在するなかで、コンテンツ、アセットともにバラバラの管理となっており、企業として統一したイメージを保つことが難しく、コストの無駄も多く発生していた。

  • ■導入後の効果

    コンテンツの配信基盤を統一することで、ブランドの価値も保ちながら、企業としても統一されたコンテンツ配信を実現できるようになった。散在していたアセットを一括管理することで、有効期限切れや承認されていないアセットの利用がなくなり、ブランドイメージの向上に。また、複数のチャネルに配信するコンテンツを一括管理することで、制作や検証にかかるコストを大幅に削減できた。

紹介動画

問い合わせ先情報