「お客さまの課題に応える」
その自信は確信へ

複雑かつ多様な顧客ニーズに応えるべく、三菱UFJフィナンシャル・グループ(以下、MUFG)は
ウェルスマネジメントビジネスを強化している。その手ごたえについて、
ウェルスマネジメントユニットの責任者を務める宮田敦氏に、キャスターの榎戸教子氏が迫る。

多様なニーズに応えるフルラインアップの金融機能

宮田 敦
宮田 敦(みやた・あつし)
株式会社三菱UFJ銀行
常務 ウェルスマネジメント本部長
株式会社三菱UFJフィナンシャル・グループ
ウェルスマネジメントユニット長

榎戸MUFGがウェルスマネジメントビジネスに注力する理由は何ですか?

宮田時代に合わせて金融機関はその役割を変えていく必要があると考えています。昭和を振り返ると、日本は高度経済成長期を経て先進国の仲間入りを果たし、その後も成長を続けてきました。当時、金融機関は貸出によって企業の成長をサポートしながら、資産を預けていただいたお客さまに利息をお渡しすることで、市場における金融仲介機能を発揮し、関わる方々に恩恵のある好循環を作り出すことができていました。

しかし、超低金利環境が続く現代においては、これまで通り金融仲介機能を発揮するだけではお客さまに満足いただくことはできません。私たちは、金融機関が果たすべき役割は何かを改めて見直しました。そして、お客さまが蓄積してきた富を次世代に「まもり・つなぎ・ふやす」ことこそがMUFGの使命だという結論にたどり着いたのです。そのためには、お客さま一人ひとりの課題に寄り添い、資産管理を包括的に支援するウェルスマネジメントの機能がより重要になると考えました。

榎戸ウェルスマネジメントビジネスにおけるMUFGの優位性はどこにありますか?

宮田一口に資産に関する課題と言っても、置かれた状況によって必要となるソリューションは異なります。例えば、起業のための資金調達であれば銀行、資産承継の検討であれば信託銀行、株式の売却であれば証券へ相談に行くでしょう。このように、お客さまの状況に応じて変化していく課題に対して最善の解決策を提案するためには、銀行・信託・証券の金融機能が一体となったサービスが欠かせません。

その点、MUFGは銀行・信託・証券のフルラインアップの機能を有する、日本では数少ない金融グループです。我々はグループ各社の持つ多様な金融商品・サービスを組み合わせ、お客さまの抱える課題に最適な解決策を提供できると自負しています。また、MUFGのウェルスマネジメントは、オープンアーキテクチャを目指しています。モルガン・スタンレーとの連携を通じたグローバルリーチの活用や、金融サービスの枠組みを超えた大手不動産デベロッパーとの連携によるサービスのご紹介もできます。さらに、グループ外企業との協業によるお客さまのニーズに合わせた提案も可能です。

MUFGウェルスマネジメント

MUFGウェルスマネジメント

最善の提案を実現するために人材への投資を惜しまない

榎戸ウェルスマネジメントビジネスの手ごたえはいかがですか?

宮田ウェルスマネジメントビジネスの本格展開から1年半近くが経ち、お客さまから「ありがとう」という言葉をいただく回数も増える中で、少しずつではありますが、MUFGのウェルスマネジメントが「お客さまの根源的な課題を解決できている」という確信が持てるようになってきました。

実際に相談を受けるお客さまの課題と向き合い解決を図るには長期的な時間を要します。どれも、お客さまの人生に深く関わる内容であるため、担当者との信頼関係が大変重要になります。MUFGのウェルスマネジメントの担当者は、「この人なら将来を託せる」と思っていただけるよう、お一人おひとりの人生の課題に真摯に向き合い、丁寧に信頼関係を構築することを大切にしています。

榎戸取り組む中で見えてきた課題などはありますか?

宮田これまでMUFGは、法人部門とリテール部門を分け、それぞれ独自に強みを伸ばしてきました。他方で企業オーナーのお客さまからは、法人と個人のニーズを一体的に相談したいというご要望などをいただく中で、法人部門とリテール部門を統合し、お客さまを法人と個人の両面からサポートできる体制を構築しました。グループ一体でのサービス提供とあわせ両部門がそれぞれ独自に蓄積してきたノウハウをシームレスに提供していきます。

榎戸今後、どのような活動を予定していますか?

宮田現在、お客さまの資産状況や人生のゴールを踏まえ、お客さまの抱える課題に対する解決策をシミュレーションできるデジタルサポートツールを開発しています。お客さまへの提案に最善を尽くすためなら、MUFGはシステムのみならず、社員教育や人材に対しても惜しまずに投資していく予定です。MUFGのウェルスマネジメントを最も信頼できるブランドに成長させていく仲間を大いに歓迎します。

外資系ウェルスマネジメント出身者から見たMUFGの強み

前職は外資系証券でウェルスマネジメントに携わり、金融商品の開発・プロモーションを行う部門の長を務めていました。次は日本の会社で、日本に住むお客さまのために仕事がしたいと考え、また日本のウェルスマネジメントを作りたいと思いMUFGに転職しました。お客さま自身も気付いていない課題をいち早く把握し、包括的な提案をさせていただく。それはあらゆる機能をもつMUFGだからこそできる対応だと実感しています。

一方で、私たちがウェルスマネジメントに本気で取り組んでいることは十分に認知されていません。「ウェルスマネジメントと言えばMUFG」という期待感をいかに醸成していくかが当面の課題です。目指すのはファストファッションブランドではなく、真のハイブランド。MUFGにしかできない、究極のウェルスマネジメントを作り上げたいと思っています。

松原 亜希子
松原 亜希子(まつばら・あきこ)
株式会社三菱UFJ銀行
執行役員 ウェルスマネジメント本部長補佐
株式会社三菱UFJフィナンシャル・グループ
ウェルスマネジメントユニット長補佐