渡辺真理の未来対談 「テーマ」地方の街づくりを語る

伝統農業と先端産業の融合が地方経済を活性化する。
img01

アナウンサー

渡辺 真理

元TBSアナウンサー。TBS時代から、報道番組のキャスターを務める。フリー転向後も報道に長年携わる。

「地域活性化」が、
日本全体を元気にする鍵

渡辺 東国原さんが宮崎県知事になられた2007年から、報道・情報番組では特集が組まれたり、「宮崎から風が吹いてくる」といった感覚でした。地域活性化が鍵という渾身の訴えも、先駆的でした。

東国原 地方の連続体で国家は成立しています。自治体一つひとつがきちんとした足場を築かないと、日本全体が揺らいでしまう。それにはその地方の特色を出し、活性化し、街づくりをしないといけません。例えば日本全体を身体に例えると地方である宮崎県は手足などの先端部分ですが、そこが元気でないと全体の活力が湧きません。

渡辺 当時、世界的にはリーマンショックがあり、宮崎は鳥インフルエンザや口蹄疫に見舞われました。課題山積の中、最も心を砕かれたのはどの部分ですか。

東国原 それは、圧倒的な知名度不足です。宮崎といえば「南国、人気球団のキャンプ地、昔の新婚旅行先」程度のイメージでした。しかし今や現実には、南国といえばもう沖縄やハワイの時代ですよ。

img02

元宮崎県知事 前衆議院議員

東国原 英夫

地域活性化に取り組む改革派の知事として地方行政をリード。現在はコメンテーターとして活躍。

古い考え方を変えなければ、
新しいことは実現できない

東国原 宮崎県の基幹産業は農業ですが、いいものを作っているのに知ってもらえない。自治体も県民も半分あきらめていましたね。

渡辺 それは政治家になる前から感じられていたのですか。

東国原 宮崎県出身者として、ずっと忸怩たる思いで見守っていました。それが「知事になるしかない」と決意した理由の一つです。

渡辺 追い風を受けて当選なさったから、すんなり実現できたのでは。

東国原 そんなわけがない。地域の活性化や街づくりも、一筋縄ではいきません。「やってみせ、言って聞かせて、させてみせ、ほめてやらねば、人は動かじ」です。特に私は芸人でしたから特別に異端児でした。一つひとつアイデアを出し、議案を通して議会に承認をいただいて、予算づけをして結果を出していく積み重ねで信頼関係を高めていくことでしか構造改革はできません。

img03

宮崎市街地中心部

行政の意識を変えたのは、
地域住民とメディアの応援

渡辺 あれだけ民意を得た知事でも、改革は足元の県庁からだったのですね。

東国原 最初は財政の健全化、情報の「見える化」から始めました。

渡辺 「事業仕分け」は国に先駆けて実行されましたよね。


東国原 それから「予算編成過程の透明化」です。県庁の記者クラブにどんなメディアも入れてしまった。県民に県政に関心を持ってもらい、何をやっているかメディアで見て判断してもらうためです。

渡辺 行政や議会はどれくらい時間をかければ変わるのでしょう。

東国原 約2年間かかりましたね。その頃には、私の政策を議会が反対しても、メディアが紹介し、県民がいいと思えば後押ししてくれました。

渡辺 「見える化」で民意が最大の味方になったわけですね。

img04

環境とテクノロジーの融合で
たどり着いた「宮崎マンゴー」

渡辺 「見える化」の達成の次は、提唱されていた「伝統農業と先端産業のマッチング」ですね。

東国原 地方では農業従事者の減少や高齢化が進んでいたため、農業の機械化・集約化・大規模化を進め、AI・ロボット・IoTを活用する時代が来ていました。しかも気候変動に対応しやすいハウス栽培が最適かと。

渡辺 あの「宮崎マンゴー」はそこから生まれたのですね。

東国原 マーケティングには特に力を入れました。まず東京や大阪の市場で戦えるだけの品質があるのか。歴史的背景やストーリーがあるのかをしっかり検証しました。それから農産物は、そのものが売れると加工品も売れる。すると農業と工業、そして販売・サービス業、さらに流通業まで元気になり、県全体が活性化するんです。

伝統と先端を融合させて、
地域活性化の試金石に

渡辺 今こうして考えると東国原知事は時代のフロントランナーでした。

東国原 宮崎は農業県ですが、その伝統と先端的な考え方を融合させることで、全国にそのよさを知っていただくことができた。今はさらにAI化やビッグデータの利用が進んで、やれることはどんどん広がっています。伝統農業と先端産業の融合は、今でも地域活性化の基本。その試金石にはなれたと思いますよ。

“ファシリティマネジメント”を通じて、街づくりに貢献。
建物の中長期戦略で、課題解決をめざすNTTファシリティーズ。

土地や建物を経営資源としてアプローチ。長年の実績とノウハウをもとに、中長期視点で、土地・建物に関わる運用コスト低減と資産価値向上を両立。総合的なファシリティパフォーマンスの最大化に貢献します。

街づくりを支える4つのソリューション

東京都港区芝浦3-4-1 グランパークタワー

https://www.ntt-f.co.jp