日経ビジネス電子版Special

製薬会社の技術と豊富な栄養をこの1本に リニューアルしたバランス栄養食

栄養調整食品のパイオニアは
5大栄養素のバランスよい摂取にこだわる

 手軽に朝食に取り入れられるように、フレーバーも全面刷新。すっきりと飲める味にこだわった。

 「フルーツミックス味やヨーグルト味のような酸性のフレーバーを実現するのは、リニューアルというよりも新製品開発に匹敵するチャレンジでした」と語るのは、同社で開発を担当する萩田尚史氏だ。

  「牛乳にレモン汁を入れると凝集するように、酸性下ではタンパク質の凝集が起こりやすく、非常に製品化の難易度が高い。ましてや、タンパク質だけでなく5大栄養素を液体で均一に乳化させるのは至難の業でした。実は失敗の繰り返しで、リニューアルまでかなりの月日がかかりました。36年間積み重ねた技術があったからこそ、最終的に実現できたと思います」

 初代「カロリーメイト ドリンクタイプ」の開発には6年かかり、今回のリニューアルにもかなりの歳月がかけられた。根底にある想いを岩﨑氏に尋ねると、「5大栄養素を手軽にバランスよく摂ることで、健康に寄与したい」と返ってきた。

 「リキッドという名称も、斬新なフレーバーも、今まで接点のなかった生活者のみなさんに手に取って欲しいという想いを込めて一新しました。忙しい毎日を健康に過ごす一助になればと思っています」

カロリーメイトリキッド誕生の歴史 1.発想の原点は医療用の濃厚流動食 37年間、市場をけん引

岩﨑氏
大塚製薬
ニュートラシューティカルズ事業部
製品部
カロリーメイト
プロダクトマーケティングマネージャー

岩﨑央弥
ハイネックスR
消化機能が低下し通常の食事が摂れないことで回復が遅れ退院できない患者のために開発された濃厚流動食「ハイネックス-R」。点滴が外れることで社会復帰も早まり、口から食べられる喜びや楽しさを届ける。

「カロリーメイト リキッド」のルーツは、医療用の濃厚流動食「ハイネックス-R」だ。「発売当時は、食事の欧米化やインスタント食品の普及など、食生活が大きく変わり、栄養バランスの欠損が危惧された時代でした。そこで、医療現場で使われていた『ハイネックス-R』を健康な人向けに応用、手軽に栄養が摂れる製品として開発されたのがドリンクタイプのカロリーメイトです」と岩﨑氏は語る。医療現場がルーツということもあり、こだわったのは、健康維持に欠かせない5大栄養素(タンパク質・脂質・糖質・ビタミン・ミネラル)をバランスよく均一に配合すること。「当時は固形であれば『菓子』、飲料であれば『清涼飲料』という分類しかないなか、『バランス栄養食』というコンセプトを浸透させる上で、保健所と話し合いを重ね、今では様々な食品で使用される『栄養調整食品』というカテゴリーを創ったのがカロリーメイトです」と岩﨑氏。当初は、スポーツ選手の栄養管理として重宝され、90年代のダイエットブームといった社会背景なども手伝って、市場に地位を確立していった。

ハイネックスR
消化機能が低下し通常の食事が摂れないことで回復が遅れ退院できない患者のために開発された濃厚流動食「ハイネックス-R」。点滴が外れることで社会復帰も早まり、口から食べられる喜びや楽しさを届ける。

カロリーメイトリキッドは開発に6年 2.豊富な栄養とおいしさの両立 未知の領域へのチャレンジ

萩田氏
大塚製薬
生産本部生産技術部
栄養製品担当

萩田尚史

ドリンクタイプのカロリーメイトが発売されたのは1983年。開発には6年の歳月が費やされた。「安定した乳化に3年、栄養と味のバランスを取るために3年かかりました」と萩田氏は語る。乳化とは、水と油のように普通は混じり合わない物質を均一に混ぜ合わせることだ。当時苦労したのが、「5大栄養素を均一に混ぜ合わせ、賞味期限である1年間常温で維持させること」だったという。そして、「栄養と味のバランスの追求だった」と萩田氏は語る。数々の豊富な栄養を混ぜ合わせた上で、味や食感を整える作業は困難を極める。栄養がリッチになればなるほど、それぞれの栄養素の独特の特長が邪魔をし合う。栄養とおいしさ、この二律背反の解決は現在でも難しく、「新しい味を開発した今回のリニューアルも苦労しました」と萩田氏。原料の選定から攪拌の細かな条件をトライアルし続けた結果、これまでにない新しい「カロリーメイト リキッド」が誕生した。

カロリーメイトリキッドは働く人をサポート 3.お腹を満たすだけの食事ではNG!5大栄養素のバランスよい配合で働く人をサポート

PFCバランスに優れたカロリーメイト リキッド
「PFCバランス」とは、エネルギーを生産する3大栄養素であるタンパク質(P)・脂質(F)・炭水化物(C)の比率を示したもの。これを整えることにより栄養の偏りを防ぐことができる。

「仕事でパフォーマンスを発揮するためには朝食の『質』が重要です。ビジネスパーソンに行った朝食に関する調査では、朝食を摂ってはいるものの、パンやごはんだけなど、糖質に偏る傾向があることが分かりました。エネルギーとなる糖質の摂取は重要ですが、これだけでは体はもちろん頭もうまく機能しません。タンパク質、脂質やビタミン、ミネラルなどの栄養が相互に助け合い、はじめて仕事に必要な能力が活性化するのです。カロリーメイト リキッドなら、これ1本に体に必要な5大栄養素がバランスよく含まれています。栄養バランスの指標であるPFCバランスも理想的なので、忙しい朝にぴったりです」(岩﨑氏)

シリーズラインアップ

カロリーメイト ブロック
サクサクした食感で食べ応えもあるブロックタイプ。5大栄養素がバランスよく摂れる上、コンパクトなので、日々の栄養補給はもちろん、もしもの時の備蓄として、家庭内やオフィスのデスクのストックでも活躍。
カロリーメイト ブロック
(4本入り)200円(税抜)
カロリーメイト ゼリー
やさしいのどこしで、すっきりおいしいゼリータイプ。1袋で5大栄養素が摂れるので食が進まない時やスポーツシーンにもオススメ。「アップル味」と「ライム&グレープフルーツ味」から選べる。
カロリーメイト ゼリー
(215g)200円(税抜)