APIを制する者がDXを制す 効率的、効果的なレガシーシステム活用法 新しいサービスや技術を取り込みたいがレガシーシステムが対応できない。2025年の崖と指摘されるこの課題の解決策として、MuleSoftは「API主導の接続性によるインテグレーション」というアプローチを提唱している。システム間のコネクティビティを高めて、レガシーシステムが持つ機能やデータを再利用できるようにする。IT部門の負担を軽減しつつ新ビジネスの開発にもつながるなど、ビジネス的なメリットも大きいとあって既に世界有数の大企業に採用され、高い成果を上げている。

レガシーシステムを有効活用する3つ目のアプローチ

システム間をメッシュにつなぎ機能やデータを柔軟に相互利用

様々な事例が証明する有効性 新たな収益化も可能に