main_img

セイコー プレザージュ「Sharp Edged Series」日本の美意識でビジネススタイルを格上げ

ダイヤルカラーに日本の伝統色を採用し、日本の美意識を体現する機械式腕時計として話題のセイコー プレザージュ「Sharp Edged Series」(シャープエッジドシリーズ)。人気セレクトショップのプレス担当者に、その魅力と、スーツコーディネートのポイントをうかがった。

人気セレクトショップのプレスに訊く

腕時計の選び方に
スタイリングの美意識が表れる

多様化が時代のキーワードになる中、腕時計を巡る環境も変わっている。スマートウオッチを選ぶ人がいれば、スマートフォンで十分という人もいて、時間を情報として捉えるなら、その選択もありだろう。でも、そんな時代だからこそ、スーツに合わせる腕時計選びの重要さが増している、ともいえる。
「スーツはポリシーやこだわりを表現できるスタイル。洗練されたデザインの機械式腕時計を溶け込ませることで、全体の見え方が変わります」(EDIFICE/高津戸氏)
「スーツスタイルのアクセントには、機械式の、シンプルなドレスウオッチがマストアイテムだと思います」(SHIPS/河野氏)
人気セレクトショップのプレスを担当する2人がすすめるのは、機械式の腕時計だった。では、日本の美意識を集約したセイコー プレザージュ「Sharp Edged Series」(シャープエッジドシリーズ)には、どんなスーツスタイルが似合うのか。実際にコーディネートを提案してもらった。

PRESAGE Sharp Edged Series

スマート or トレンド
腕時計で格上げする2つのスタイル

img1-1

SHIPS
プレス 河野建徳

ダイヤルカラーは「藍鉄」と呼ばれる、深みのあるブルー。「見た目がスマートな時計なので、スーツスタイルでは色や柄を多用せず、シンプルにまとめる方が品を醸すことができます」。河野氏はグレーのスーツに、時計のダイヤルと合わせたブルー系のシャツ、ネクタイでコーディネートした。「スーツスタイルにおいて、時計の色を拾ったコーディネートは基本の一つ。シャツはダイヤルよりやや薄め、ネクタイはやや濃い色を選ぶことで奥行きを持たせました。よりシンプルに、ネイビーのスーツと同系色でまとめるコーディネートも上品ですね」(河野氏)。

スーツ8万円、チーフ2700円/以上シップス、シャツ2万6300円/エリコ フォルミコラ、タイ1万9000円/ニッキー、ブーツ10万6000円/クロケット アンド ジョーンズ × シップス(すべてシップス 銀座店TEL:03-3564-5547)、腕時計(SARX077)10万円/セイコー(セイコーウオッチお客様相談室TEL:0120-061-012)※価格はすべて税抜きです。

img1-2

EDIFICE
プレス 高津戸真吾

上質なシルクを思わせる「白練」という伝統色をダイヤルカラーに。「4本の中では最も主張が強く感じられ、スーツスタイルにどう溶け込ませるかがコーディネートのポイントです」。そう語る高津戸氏は、ライトグレーのハンドトゥース柄を選び、ダイヤルだけが目立たないよう溶け込ませた。「無地のシャツとネクタイをコーディネートするのが今期の流れで、クレリックシャツの襟は白、ネクタイの地色は黒を選び、コントラストをつけて顔の印象を目立たせています。ビジネスに限らず、フォーマルスタイルにも合う腕時計だと思います」(高津戸氏)。

ジャケット3万8000円、シャツ1万5000円、パンツ1万9000円、シューズ2万8000円/以上エディフィス、タイ1万6000円/フランコ バッシ(すべてエディフィス 丸の内TEL:03-6212-2460)、腕時計(SARX075)10万円/セイコー(セイコーウオッチお客様相談室TEL:0120-061-012) ※価格はすべて税抜きです。

img2-1

PRESAGE Sharp Edged Series

「光の当たり加減で
文字盤の雰囲気が変わる
上品で大人な印象」

「流行を追うより、時計は一生ものとして使いたい」と言う河野氏。麻の葉紋様をモチーフとしたダイヤルに「シンプルなのに、光の当たり方で表情が変わるところが大人っぽい印象ですね」。厚さ0.4mmの金属板にわずかな高低差をつける高い技術に、日本の職人魂が感じられる。「機械式腕時計の1本目としてもいいのではないかと思います」(河野氏)。

img2-2

PRESAGE Sharp Edged Series

「主張の強い白と
伝統を生かしたモダンな
デザインがスーツに映える」

6つの面で構成される麻の葉紋様モチーフは、白いダイヤルだとより陰影が強調されるため「最も主張が強い」という高津戸氏の感想もうなずける。ケースは鏡面とヘアライン仕上げの組み合わせとなっており、「最もエッジの立った見え方がするので、ダーク系のスーツだと時計だけ浮いてしまうことも。コーディネートのセンスが問われるでしょう」(高津戸氏)。

PRESAGE Sharp Edged Series

ネイビーを基調としたスタイルは
腕時計で大人の余裕を匂わせる

img3-1

常緑樹の緑から生まれた伝統色「常盤」をモチーフとするダイヤルは、深くシックな色合いとなっている。「落ち着いた雰囲気のダイヤルで、コーディネートの幅も広くなりますが、ここではネイビーのスーツ、ネクタイもネイビーの同系色でまとめてみました。色のトーンは変えていますが、顔回りをより立体的に見せるためシャツは白に。ネクタイは幾何学柄で、これはダイヤルの麻の葉紋様から発想しています。スーツにチャコールグレーを選んで、英国風にシックなイメージでまとめても、この腕時計は似合うと思います」(高津戸氏)。

img3-2

PRESAGE Sharp Edged Series

「この腕時計を最初に見たとき
大人の余裕が漂う
雰囲気を感じた」

鏡面とヘアライン仕上げを組み合わせたシャープなケースに、落ち着いた「常盤」色のカラーダイヤルを組み合わせたモデル。麻の葉紋様モチーフなど、和のエレメントを現代風にアップデートしたたたずまいは、「こういう和モダンをスーツに取り入れると都会的な印象になる。30代のビジネスパーソンに選んでほしい機械式腕時計だと思います」(高津戸氏)。

ジャケット11万円、パンツ3万4000円/以上カルーゾ×エディフィス、シャツ1万2000円/エディフィス、タイ1万6000円/フランコ バッシ(すべてエディフィス 丸の内TEL:03-6212-2460)、腕時計(SARX079)10万円/セイコー(セイコーウオッチお客様相談室TEL:0120-061-012)※価格はすべて税抜きです。

PRESAGE Sharp Edged Series

エレガントな文字盤が主張する
シックなスタイリング

img4-1

煙に燻された竹をモチーフにする伝統色「煤竹」をダイヤルカラーに採用。「ケースがピンクゴールド、ベルトがレザーのこの腕時計はシックなコーディネートによく似合う。スーツは、ブラックのウィンドウ・ペンがポイントとなる控えめなブラウンを選択し、ベルトのブラウンとの相性を意識しました」(河野氏)。控えめな柄の黒地のネクタイと合わせ、あくまでもシックに。「この腕時計の場合、スーツにネイビーは選ばず、グレーやブラウンなど落ち着いた雰囲気にするのがベター。タイトではなく、ある程度のゆとりあるシルエットの方が余裕も出て素敵だと思います」(河野氏)。

img4-2

PRESAGE Sharp Edged Series

「ジャパンメイドの技術力と
エレガントさを
兼ね備えた万能な1本」

ピンクゴールドとレザーで、上品かつ大人っぽい雰囲気。ケースバックはシースルーで、機械式キャリバーの動きを見ることもできる。「ダイヤルの麻の葉紋様も、磨き込まれたケースも、機械式のキャリバーも、日本の職人の丁寧な仕事が感じられます。こういう腕時計を身に着けると、身が引き締まる気がしますね」(河野氏)。

スーツ9万8000円、ベスト2万4500円、チーフ2700円/以上シップス、シャツ2万6300円/エリコ フォルミコラ、タイ1万9000円/ニッキー(すべてシップス 銀座店TEL:03-3564-5547)、腕時計(SARX080)10万円/セイコー(セイコーウオッチお客様相談室TEL:0120-061-012)※価格はすべて税抜きです。

PRESAGE Sharp Edged Series

SARX077

SARX077

SARX075

SARX075

SARX079

SARX079

SARX080

SARX080

洗練された日本独自の美意識で
ビジネススタイルを格上げ

100年を超える腕時計づくりの伝統、技術を継承し、日本の美意識を世界に発信する機械式腕時計ブランド、セイコー プレザージュ。その「Sharp Edged Series」(シャープエッジドシリーズ)は、エッジを効かせた平面を中心に構成されるシャープなシルエットが、力強い輝きを生み出すことによって腕元をスタイリッシュに演出。日本の伝統色を採用した4色のダイヤルに、古くから成長や出世を願うシンボルとされてきた麻の葉紋様を立体的に表現。複雑で深みのある輝きが印象的だ。ケースバック越しに見えるキャリバー「6R35」は、約70時間のパワーリザーブとなっている。加飾を排し、物事の本質を表現する日本の美意識、そして職人技が貫かれ、身に着ける人の品格をも高めてくれる、ジャパンメイドの機械式腕時計。世界を舞台に活躍するビジネスパーソンの腕に、ふさわしい1本だといえる。

秋冬のオンビジネススタイルは
コチラでチェック

shop1

SHOP DATA

シップス 銀座店
住所:東京都中央区銀座3-4-15
菱進銀座ビル
TEL:03-3564-5547
シップス公式サイト:https://www.shipsltd.co.jp/

shop2

SHOP DATA

エディフィス 丸の内
住所:東京都千代田区丸の内2-5-2
三菱ビル 1F
TEL:03-6212-2460
エディフィス公式サイト:http://edifice.baycrews.co.jp/