トップに訊く

ソフトバンクロボティクスグループ株式会社 代表取締役社長 兼 CEO冨澤 文秀氏
自律走行する“AI清掃ロボット”で人とロボットの協働を実現 清掃のカタチを一新させる

ソフトバンクロボティクスグループ株式会社 代表取締役社長 兼 CEO冨澤 文秀氏

NTTを経てソフトバンクグループに転じ、ブロードバンドサービス、プリペイド携帯などの事業をけん引。新規事業立ち上げを多数経験後、2014年ソフトバンクロボティクス設立と同時に現職。

現場の人手不足・高齢化、清掃品質の維持が課題に

当社はソフトバンクグループの一員として、人型ロボット「Pepper」をはじめ、様々なロボットソリューションの開発・提供に取り組んでいます。

そして、新たな主力ロボットのひとつとして2019年6月より提供しているのが業務用AI清掃ロボット「Whiz(ウィズ)」です。

最先端の独自AIを搭載し、主にカーペットなどの床の自動清掃を実現。今までにない簡単設定で自律走行する乾式バキュームクリーナーとして、すでに大きな反響をいただいております。

今回、清掃という分野にスポットライトを当てた最大の理由、それは清掃業界で進む深刻な人手不足です。労働力の減少は全業界に共通する課題ですが、清掃業界における有効求人倍率は約3倍*1に達し、高齢化も進行。身体的負荷の大きい現場での省力化、効率化は喫緊の課題となっています。

また、人手不足は清掃品質にも影響を与えています。実は「Whiz」発表後、専門家の監修のもとに当社が行った実態調査*2によると、とくにオフィス環境では床の“清掃ムラ”が多く、人の目では見えない「隠れダスト」*3が多く残ってしまっていることが分かりました。住居と比較すると、約10〜30倍のカビやアレルゲン物質を含むごみが存在していたのです。

人とロボットの協働で、現場の省力化を図る

こうした社会的課題に対し、当社ではグループ会社のソフトバンク・ビジョン・ファンドが投資するBrain Corp.の自動運転技術(BrainOS)に着目。これを屋内での清掃に最適化する研究開発を進め、「Whiz」が誕生しました。こうしたグループ内でのシナジー効果によって、いち早くロボット技術を具現化できるのも当社の強みといえます。

「Whiz」は、すでに世界で2000台以上が活躍していますが、大きな強みとしているのが、シンプルな操作です。とにかく使い始めるハードルが低く、どなたでも簡単に“省力化”と“清掃品質の向上”を体感していただけます。

具体的には、最初に1回、手押しで清掃ルートを記憶させるだけ。2回目以降はスタートボタンを押すだけで、記憶したルートを自動で清掃します。複数のセンサーで障害物、段差、人の動きを検知・回避しながら、清掃させることが可能です。

先ほど課題として挙げた“清掃ムラ”についても、「Whiz」では一定の清掃効果が確認されました*4。比較的単純な床清掃を「Whiz」に任せることで、人は人でしかできない付加価値の高い作業に注力することができます。他にも、スマートフォンやパソコンでいつでも稼働状況がチェックできるなど、作業の“見える化”が実現できる点もご好評いただいています。

清掃業界で働く人のマインド向上もサポート

また、当社では「Whiz」の導入・活用に関する企業・個人向けトレーニングプログラムや認定プログラムも提供しています。こうした取り組みにより清掃品質の維持に加え、清掃業界のイメージアップや働く人のマインド向上にもつながればと考えています。

“AI清掃”のクオリティーについては、体感できるキャンペーンも実施しておりますので、ぜひ多くの方に利用していただきたいと思います。

現在、様々な産業でAI導入が急速に進んでいます。しかし、日本が抱える課題を俯瞰で見たときに、人手不足が深刻化する産業こそ、一刻も早くIT化を進めていくべきであり、当社が積極的に取り組むべき分野だと考えています。企業理念として掲げる“ロボット革命で人々を幸せに”を実現するためにも、多くの業界・企業様とタッグを組み、さらなる変革にチャレンジしてまいります。

*1 厚生労働省「ビル・建物清掃員の有効求人倍率」 *2*4 NPO 法人東京アレルギー・呼吸器疾患研究所の白井秀治氏監修「都内6カ所のオフィスを対象に“隠れダスト”を分析する実態調査」 *3 チリ、花粉、カビ、細菌等、肉眼では見えにくく、床に存在し、空気中に舞い上がりやすい人の手では取り残してしまうゴミの総称。ソフトバンクロボティクス株式会社が環境アレルゲンinfo and care株式会社との共同調査を元に独自に定義

カンタン操作で自律走行! 人と協働で床掃除を効率化

カーペットなどの床の清掃を目的とする、乾式バキュームクリーナーのロボット掃除機。一度清掃ルートをティーチングするだけで、以降はそのルートに沿った自律走行を実現。センサーが走行ルート上の障害物を検知し、回避・一時停止するなど、オフィス環境の変化にも対応している。最大約3時間稼働で1500m2をカバー。管理アプリケーション「Whiz Connect」で遠隔管理でき、スマートフォンとの連動も可能となっている。

1日無料清掃! モニター募集キャンペーン実施中

ご希望の施設を「Whiz」が無料で清掃(2~3時間程度)いたします。

ロゴ:ソフトバンクロボティクス株式会社

ソフトバンクロボティクス株式会社

〒105-0021 東京都港区東新橋1-9-2 汐留住友ビル14階

https://www.softbankrobotics.com/jp

TO TOP