トップに訊く

株式会社立飛ホールディングス 代表取締役社長 村山 正道氏
不動産という社会資本財を生かし東京で今なお、のびしろを感じられる立川で100年つづく新しいしあわせを創り出す

株式会社立飛ホールディングス 代表取締役社長 村山 正道氏

1973年立飛企業に入社。2009年専務取締役、2010年代表取締役社長を務め、2012年にグループ内の会社統合再編後、立飛ホールディングスの代表取締役社長に就任。

不動産の一体開発で地域社会に貢献する

立飛グループは1924年(大正13年)設立の立川飛行機を前身とする企業です。戦後は立飛企業と新立川航空機という上場企業2社を軸に事業を展開してきましたが、2012年MBOにより、同時に非公開化し、グループを再編しました。これにより誕生した立飛グループは、所有する不動産を一体開発して地域社会に貢献することを目標に、事業を進めることにしました。

当社グループは、東西に細長い東京都の中央に位置する立川市のほぼ中心に、東京ドーム21個分に相当する約98万m2の土地を所有しています。この土地を生かして、地域社会と調和の取れたまちづくりをどのように進めるかを、一貫して考えてきました。今、ESGがしきりに言われますが、環境、社会、経済に価値をもたらす、まさにESGをいち早く実践してきたわけです。

2015年には三井不動産との共同事業で大型商業施設「ららぽーと立川立飛」、2017年にはスポーツ施設「タチヒビーチ」「アリーナ立川立飛」などを順次開業してきました。その中で、大相撲夏巡業など様々なイベントを開催し、スポーツ振興を柱とした街の活性化、賑わいの創出を進めています。今年夏の「東京2020」では私企業としては恐らく世界初ではないだろうかと思われる、パンアメリカンスポーツ機構に加盟している30以上の国や地域400人余りの選手たちの事前トレーニングキャンプの支援を行い、地域の子どもたちが東京2020の風を感じることができるようにします。

立川駅北側の大規模複合開発から心地よい暮らしを世界に発信

2015年には立川駅北口から徒歩8分の場所にある4万m2弱の国有地を取得しました。市街地と自然が隣接する立川のポテンシャルを生かし、新しい暮らし、豊かなライフスタイルを世界に発信することを目指して、大規模複合開発に取り組みました。

「GREEN SPRINGS」と命名された開発街区は、「空と大地と人がつながる“ウェルビーイングタウン”」がコンセプトです。立飛というワードは一切入れませんでした。街区に入った瞬間、身体、精神、そして社会的にも満たされた状態である「ウェルビーイング」を誰もが感じることができるようにしたいと考えました。

立川基地が返還された後、跡地が立川駅北口市街地再開発事業でファーレ立川として整備され、今では昔の立川の面影はどこにもありません。あちこちにパブリックアートが置かれ、豊かな自然と文化が融合した素晴らしい街となりました。ただ残念なのは、発信力が弱く、良さがまだまだ伝わっていないことです。そこで、GREEN SPRINGSではいかに発信していくかを考え、街区を設計しました。目先の利益を追うのではなく、「100年つづく、新しいしあわせを、立川から世界へ。」発信したいのです。

空と大地と人がつながるまちと空間を創り出す

GREEN SPIRINGSには中央の天然芝を中心にした約1万m2の広大な広場を囲んで、9つの建物があります。一番北側の「TACHIKAWA STAGE GARDEN」は多摩地区最大規模のホールで、2階席の後方を開放して屋外ステージとつなげることで、屋内外を一体利用することができます。街区とホール屋上をつなぐ階段状の「カスケード」は小さな滝が連なり、「空と大地と人がつながる」というコンセプトを表現しています。

西側の「SORANO HOTEL」は最上階11階に全長60mの温泉水を使ったインフィニティプールを完備しました。奥多摩や丹沢の山々、目の前の昭和記念公園を眺めながら、開放的な空間で、心とからだに心地よいひとときを楽しめます。

その他、オフィスやショップ&レストラン、たましん本店・本部ビルなどがあり、空と緑が調和した心地よい環境で仕事やショッピングができます。

暑い夏には、子どもは広場の池やカスケードに思わず入りたくなるでしょう。そこで親と一緒に入ってもよいように、柵はつけずに開放的にしました。カスケードの敷石もざらざらしたものを選んで、滑らないようにしています。街区全体に常に音楽が流れているような中で、子どもや家族連れをはじめ、あらゆる世代の人が楽しく過ごせる空間にしていきます。

GREEN SPRINGSは4月10日、いよいよ開業します。ここから、人が心地よく暮らし、働き、生きる新しいライフスタイルを世界に発信していきます。

写真:立川市の歴史と未来の交差をイメージした、GREEN SPRINGS街区プランニング。中央広場からどの建築棟にもすぐに立ち入れるように設計されている。

立川市の歴史と未来の交差をイメージした、GREEN SPRINGS街区プランニング。
中央広場からどの建築棟にもすぐに立ち入れるように設計されている。

ロゴ:株式会社立飛ホールディングス ロゴ:GREEN SPRINGS

株式会社立飛ホールディングス

〒190-8680 東京都立川市栄町六丁目1番地 立飛ビル3号館

https://www.tachihi.co.jp/

TO TOP