夏の身だしなみに注目のヘアアイテム リアップが更に進化して新登場 2020

リアップX5プラスネオ

累計販売本数6,600万本を超える※1リアップシリーズ。その最新商品「リアップX5プラスネオ」。国内初!※2ミノキシジル5%を含む7種の有効成分配合。発毛成分ミノキシジルが毛母細胞を活性化し、発毛・育毛に効果を発揮します
※1 ミノキシジル製剤の販売実績(2020年4月調べ)
※2 ミノキシジル製剤有効成分数として(2020年2月時点)

薄毛や抜け毛が気になるビジネスパーソンにとって、夏は汗や紫外線で頭皮がべたつく憂うつな季節だ。そんな人の薄毛や抜け毛の悩みに20年以上にわたって応えてきたのが大正製薬の「リアップ」だ。2020年春、同X5シリーズより5年ぶりとなる新商品がついに発売になった。従来品から更なる進化を遂げたという「リアップX5プラスネオ」に迫る!

リアップシリーズの歴史と強み

多くのビジネスパーソンが抱える薄毛や抜け毛の悩み。遺伝や男性ホルモンの影響が主な原因とされ、近年では様々な発毛剤が発売されているが、大正製薬の「リアップ」は発毛剤のパイオニアだ。

リアップが誕生したのは1999年。米国で開発された降圧剤に含まれるミノキシジルに発毛効果が発見されたことから、大正製薬が技術導入契約を締結、厚生労働省の承認審査を経て、日本初の発毛剤として発売された。発売当初から大きな注目を浴び、注文が殺到するほどのブームを巻き起こした。

その後も、女性用発毛剤「リアップレディ」、頭皮環境改善成分をプラスした「リアッププラス」、ミノキシジルを国内最高濃度の5%配合した「リアップX5プラスローション」を発売してきた。そして2020年4月に発売されたのが、7種の有効成分配合の「リアップX5プラスネオ」だ。

発毛剤の代表格として定着している同シリーズだが、その強みについて、大正製薬の商品開発部・横井氏に聞いた。

「日本で唯一、発毛効果の臨床試験を実施していること、また、約20年にわたる実績から、ミノキシジル製剤に関する有効性や安全性のデータを蓄積していることが強みです。こうした実績やデータは、新商品開発などにも役立っています」(横井氏)

リアップ20年のあゆみ

1999年リアップ、2005年リアップレディ、2008年リアッププラス、2009年リアップX5、2011年リアップリジェンヌ、2012年リアップジェット、2015年リアップX5プラスローション
NEXT こだわり続ける成分と独自容器