社員がいないオフィスで固定電話が鳴り響く――。コロナ禍で突然テレワークが始まり、社内での電話応対に困った企業も多いだろう。そんな悩みを解決するのが、スマートフォンを使い、複数人で会社の電話の送受信を可能にするサービスだ。迷惑電話フィルタサービスを開発するトビラシステムズは、今年3月にスマホアプリとして使える「トビラフォンCloud」をリリース。その狙いを、同社の代表取締役社長 明田 篤氏に日経ビジネス発行人 伊藤 暢人がオンラインでのインタビューで聞いた。

スマホアプリで
固定電話を代替可能に

――オフィスの固定電話の機能をスマホで使えるようになる「トビラフォンCloud」について教えてください。

トビラシステムズ株式会社
代表取締役社長 明田 篤 氏

「『トビラフォンCloud』は、クラウドPBX(クラウド上で複数の電話機同士をつなげ、着信や発信を効率化できる仕組み)を利用した、ビジネスフォンサービスです。通常の固定電話は東京なら03、大阪は06と、番号が地域にひも付いています。また携帯電話は1対1での通話を基本として設計されているため複数人での使用に向きません。これに対し『トビラフォンCloud』は大掛かりな設備は不要で、1人が複数の番号から発着信できますし、1つの番号で複数人が発着信することも可能です」

このサービスを使えば、企業宛てにかかってきた外線電話を個人のスマホで内線電話のように受信でき、チームに転送することもできる。ネット環境さえあれば自宅、社内、海外など使用する場所に制限されない。個人のスマホにアプリをダウンロードすれば簡単に使用でき、社員は会社携帯との2台持ちのストレスからも解放される。

――セキュリティー面はいかがですか。

「しっかり配慮しています。通信は暗号化され傍受の心配はありません。万一スマホを紛失しても、アカウントを停止するだけで電話帳や着信履歴などの情報流出を防ぐことができます。また当社の既存サービスである迷惑電話フィルタも搭載していますので、詐欺のような犯罪だけでなく、仕事の妨げとなるセールス電話もブロックできます。さらに、通話の録音機能もついています」

管理画面で細かい設定ができるのも同サービスの強みの一つ。特定の相手との通話のみ録音するなど、柔軟に設定できる。この管理画面の自由度の高さや使用感には、開発段階からかなりこだわったという。

――どういった人・企業にメリットがありますでしょうか。

「これから起業する人やオフィスを移転、縮小、増床される会社には、固定電話の新規導入や設定変更のコストがなくなるため、大きなメリットがあると考えます。WEBで注文していただければ、最短で翌営業日には050~の番号を取得し使うことができます。また休日や就業時間後に、電話を受信しない設定も可能です。働き方改革の側面でもメリットを感じていただけるはずです」

終業後や休日は電話に出ないと決めれば、社員は気兼ねなくオフの時間を過ごすことができる。オフのときは留守電にしたり、専用のメッセージを流したりするなどの細かい設定も可能だ。

社員70人全員でテスト
ビジネスに耐えうる品質に

――技術面で難しかったのは?

「音声通話の品質向上には苦労しました。ここにはかなり専門的な技術が必要です。環境の整った自社のオフィスだけのテストでは意味がないと考え、全社員で分担して人混みの中や地下街、海外などでも通話試験を繰り返しました。チェック項目は300ほどにも上りました」

2006年の設立以来、同社は顧客企業の社内システム受託開発を経て自社開発サービスを展開し、技術を磨いてきた。現在社員70人のうち40人が技術者。社内の高い技術力が「トビラフォンCloud」を支えている。

――「トビラフォンCloud」にも搭載されている迷惑電話フィルタについて教えてください。

「受託開発を進めるなかで、いつか自社プロダクトを生み出したいという思いがありました。社会に貢献できるサービスは何かと考えていたとき、私の祖父が電話で悪徳商法の被害にあったのです。ITを使ってそうした被害を防げないかと探しましたが、これといったものは見当たりませんでした。そこで開発に着手したのが、当社の柱となる迷惑電話フィルタの技術です」

2010年には、スマートフォンに迷惑電話フィルタを搭載するアプリをリリース。通信キャリアと提携し、現在月間1000万人のユーザー数を誇る。このフィルタ機能をビジネスフォンに搭載することを考え、クラウド上で実装できる「トビラフォンCloud」のアイデアに至ったという。

クラウドPBXを利用した「トビラフォンCloud」は、スマホにアプリをダウンロードして通話する。
最短で申し込みの翌営業日から使用可能

電話をもっと便利に
新たな技術への挑戦続ける

――この先、思い描いている電話の未来についてお聞かせください。

「電話として必要な機能はしっかり押さえつつ、音声認識技術やチャットサービスなどと連携し、もっと便利に使っていただける機能を提供したいです。さらに、先進的な機能もどんどん追加していきたい。今後日本の労働人口が減っていくなかで、受けた電話を誰かに取り次ぐという直接利益につながらない作業を技術の力でなくすチャレンジを続けていきます」

時代とともに電話の役割は変化していく。トビラシステムズは未来を見据え、より便利で手軽なコミュニケーションのあり方を模索し、新しい技術の開発に挑戦する。

お問合せ

トビラシステムズ株式会社

〒460-0003 愛知県名古屋市中区錦2-5-12 パシフィックスクエア名古屋錦7F

「トビラフォン Cloud」に関するお問い合わせ

TEL:050-3646-2079

https://tobilaphone.com/biz/cloud/