技術を駆使して働きやすいオフィスづくりを提案するNECネッツエスアイは、13年前から働き方改革を社内で実践し、そこで得た知見を、顧客に惜しみなく提案している。同社の鷲山光洋氏に、今のオフィスに求められるものを聞いた。

見ただけでは分からなくても
声が理解をサポートする

—10年以上前から、働き方改革に取り組んでいるそうですね。

2007年からです。“Empowered Office”をコンセプトに、まずは私たち自身のワークスタイルを変化させ続けてきました。紙やスペースの無駄削減から始め、オフィスレイアウトを変え、テレワークの部分的導入、それに基づいた業務プロセスの見直しなどを経て、今は全社員が無制限でテレワークできる環境が整っています。2019年からは東京・飯田橋本社に勤務する3000人の社員のうち、全社スタッフの一部が首都圏7カ所に設けた当社専用のサテライトオフィス「アクティビティベース」で業務にあたっています。自宅に近い「アクティビティベース」に通勤することで負荷を軽減し、場所や時間の制限なく、いつでもコミュニケーションがとれる環境で、イノベーションと共創を生む働き方に取り組んでいます。

NECネッツエスアイ株式会社
ビジネスデザイン統括本部
エンパワードオフィス推進本部
鷲山 光洋

—同じ空間にいない人とコミュニケーションをする上で、音声はどのような役割を果たしますか。

渡された資料の内容を理解できなくても、声で説明を加えてもらえれば分かるという経験は誰もがしているはずです。また、特に遠隔会議では、聞こえにくいと感じている側がそれを指摘することはまれで、聞こえにくいままミーティングが終わってしまうこともあります。こうした事態を防ぐため、自然にベストな音声状況に整うのが理想です。

また、オープンスペースで遠隔会議をする場合、周囲の話し声や笑い声まで拾ってしまうこともありますが、ヤマハの「ユニファイドコミュニケーションスピーカーフォン YVC-330」は、半径1m以内の音声だけを収音するモードに切り替えられるので、伝えたい音声だけを相手に伝えることができて便利です。音量調整やBluetooth接続も、ボタンで簡単に操作できます。

働く音改革とは、「音」の視点からオフィスをより良く変えるヤマハによる提案だ。オフィス内の音の環境を適切にコントロールすることで、遠隔会議の質を高める、オープンスペースでの集中力を上げる、漏洩してはならない話をしっかりガードする、など様々な働くシーンに貢献し、誰もが働きやすい、イノベーションを生み出す働き方改革を推進する。

▲Page Top