働く音改革 Vol.2 同業他社が隣室にいても安心できるサテライトオフィス働く音改革 Vol.2 同業他社が隣室にいても安心できるサテライトオフィス

「ZXY(ジザイ)」は、不動産総合マネジメントサービスを手掛けるザイマックスが提供する、法人会員向けのサテライトオフィスサービスだ。セキュリティに十分配慮し、声は聞こえてもその内容までは聞き取れなくするヤマハのスピーチプライバシーシステムを試している。

6割が個室の
集中できる環境

—サテライトオフィスが増えていますが、ZXYの特徴を教えてください。

黒川氏:法人向けの会員制サービスです。サテライトオフィスというと、カフェのようにオープンな雰囲気のところも多くありますが、ZXYでは個人ワークに特化し、一人ひとりが集中して働けるよう、セキュアな空間を提供しています。オープンスペースも用意していますが、6割以上は個室です。お客様からは個人ワークに集中できる環境であることに加え、都心だけでなく郊外にも拠点が多いこと、基本料金がなく完全従量課金制でコストメリットが大きいこと、そして、場所が異なってもサービス品質が均一であることを評価いただいています。現在、約1,200社、21万名のお客様に登録いただいており、拠点数は2020年春過ぎには100を超える見込みです。

—運営にあたって、どのような点に注意をしていますか。

株式会社ザイマックス
ジザイワーク事業部
黒川 宗一郎

黒川氏:異なる企業の方々が場所を同じくするので、情報漏洩には十分に注意をしています。個室には鍵がかかるようにするなど、施設設計で工夫するのはもちろんのこと、共用プリンターのデータは一定時間が過ぎたら消去されるように設定し、廊下や個室のスピーカーからマスキング効果として流水音を流し、個室から電話やWeb会議の声が漏れても、聞こえにくくなるように配慮しています。以前はアコースティックギターの演奏を流していたのですが「知っている曲がかかると気が散る」といったご指摘もあり、流水音に変えました。ただ、音を消すための流水音もあまりボリュームを上げ過ぎると、快適性が損なわれます。そうした課題に直面しているときに、ヤマハのスピーチプライバシーシステムの存在を知って興味を持ち、ショールームでも体験した後に、試してみることにしました。現在は、東京駅近くの「ZXY八重洲2」の3つの個室で実証中です。

働く音改革とは、「音」の視点からオフィスをより良く変えるヤマハによる提案だ。オフィス内の音の環境を適切にコントロールすることで、遠隔会議の質を高める、オープンスペースでの集中力を上げる、漏洩してはならない話をしっかりガードする、など様々な働くシーンに貢献し、誰もが働きやすい、イノベーションを生み出す働き方改革を推進する。

▲Page Top