働き方改革を場づくりで支援するイトーキが示す次世代の働き方戦略 「XORK Style」を自ら実践する場が「ITOKI TOKYO XORK」だ。WORKを次の次元へ進化させようとするこのオフィスでは、音についても、求められる働き方に合わせた様々な配慮をしている。

働き方にふさわしい
働く場を提供する

株式会社イトーキ
商品開発本部
第1プロダクトマネジメント部
第1チーム
チームリーダー
柴田 慶太

—「ITOKI TOKYO XORK」とは、どのようなオフィスですか。

柴田氏:2018年12月にオープンした、イトーキの社員が働くオフィスでもあり、イトーキが提案する新しいワークスタイルを実践する場でもあります。一般的に、これまでの企業組織はピラミッド型で、オフィスも部門ごとに区切られていましたが、最近はよりフラットな、コミュニケーションのしやすい場に変化しています。拠点の集約も進んでおり、ここでも、3フロアのメガプレート(巨大面積)に、かつては4拠点に散らばっていた約800人が働いています。

業務内容に適した場を用意しているのも特徴です。当社と業務提携をしているオランダのヴェルデホーエン社が提唱する「Activity Based Working」(ABW)では、働く人の活動を10のふるまいに分類し、それぞれのふるまいにふさわしい場があるとしています。1人で集中するなら静かな個室、複数人でアイデア出しをするならより広いスペースといった具合です。そうした場を誰もが柔軟に使い分けられるように、働く人の数より多くの席を用意しています。これが従来のフリーアドレスとの最大の違いです。また、個室は前面をガラス張りにし、使用中かどうかを一目で分かるようにしています。

働く音改革とは、「音」の視点からオフィスをより良く変えるヤマハによる提案だ。オフィス内の音の環境を適切にコントロールすることで、遠隔会議の質を高める、オープンスペースでの集中力を上げる、漏洩してはならない話をしっかりガードする、など様々な働くシーンに貢献し、誰もが働きやすい、イノベーションを生み出す働き方改革を推進する。

▲Page Top