-------文言未反映-------

アクセンチュアビジネスインパクトを活かし
業界DXを実現する5Gの真価

5Gなどのデジタル戦略立案には、5G通信技術の特徴(広帯域、超低遅延、多数同時接続)だけでなく、マルチアクセスエッジコンピューティング(MEC)などの周辺技術を組み合わせたビジネスインパクトに着目することが重要だ。本セッションでは、先進事例を交えながら企業が取るべき行動と5Gの真価を説明した。
アクセンチュア株式会社 ビジネスコンサルティング本部 ストラテジーグループ 通信・メディア プラクティス日本統括 マネジング・ディレクター 廣瀬 隆治 氏

 5G通信技術とともに周辺技術も進化している。例えば、通信事業者の局舎や基地局といったユーザーに近いエッジ側にサーバーを設置してデータ処理を行うMECがある。「エッジ側で一部のデータ処理を担うことにより、低遅延を担保しつつ、5Gのデータトラフィック増大に対応することができます」とアクセンチアの廣瀬隆治氏は話す。

 周辺技術にはMECのほか、ネットワークを仮想的に分割し、アプリケーション、ユーザーごとにサービス提供が可能なネットワークスライシングや企業・自治体が独自に構築できるローカル5Gなどがある。

 5Gとこれら周辺技術を組み合わせた3つのビジネスインパクトに着目することが、今後のポイントになると廣瀬氏は指摘する。

 その3つとは、①通信ビット単価の低下に伴うデバイス・サービスの拡大、②MECへの処理オフロードに伴うインフラ・デバイスのあり方の変化、③柔軟な課金によるビジネスモデル・課金形態の変化―だ。

 例えば、5Gは4Gと同程度のコストで広帯域・超低遅延・多数同時接続が可能になり、IoTなどのデバイスを活用したサービス拡大が可能だ。また、エッジ側に処理を任せることでインテリジェントデバイスの小型化・低コスト化や、ローカル5G・プライベート5Gにより用途に応じた柔軟なネットワーク設計や料金設定が可能になるといったインパクトがある。

 「こうしたビジネスインパクトを享受することで、様々な業界がDXを実現できることが5Gの真価と言えます」と廣瀬氏は話す。

5Gのパラダイムシフトにより
いち早く市場の競争優位を獲得

 次に廣瀬氏は、5GとMECを活用した海外の事例を紹介した。

 中国のある製造会社では、作業員がフォークリフトで工場内の運搬を行っていたが、物流の自動化と効率化を目指してプライベート5Gと画像処理型AGV(無人搬送車)を導入。自動化に加え、熟練作業員の確保が難しい製造現場での生産性向上を可能にしている。「この事例のポイントは、5GとAGVによる自動化や効率化だけでなく、当該企業はロボティクスにより新たな労働力を提供できるようになることです。従来とは異なる新たな事業領域に進出できるのです」(廣瀬氏)。

 そして、5Gと周辺技術によって引き起こされるパラダイムシフトと、その際の自社のポジショニングを再考し、新しい事業と成長機会を獲得するための取り組みを今から開始すべきだという。「5Gを提供する通信事業者と、利用する企業・業界の間のギャップを埋め、ビジネス活用の橋渡しをするのが私たちの役目です」と廣瀬氏は力を込めた。

プライベート5GとMECによるインテリジェントデバイスの進化 5GとMEC処理の組み合わせで、インテリジェントデバイスの小型化・低コスト化が可能

プライベート5GとMECによるインテリジェントデバイスの進化

問い合わせ

アクセンチュア株式会社 Accenture.com/jp