-------文言未反映-------

デロイト トーマツ サイバー5G効果創出に
セキュリティ投資は必須

以前はネットワークに接続していなかったデバイスが、5Gの時代にはつながる。その分、サイバー脅威は増大するだろう。脅威への対策なしに、5Gの“果実”を得ることは難しい。セキュリティ対策をコストではなく、「投資」と考える視点が重要だ。デロイト トーマツ サイバーは5Gのビジネス活用、セキュリティ対策の両面での取り組みを強化している。
デロイト トーマツ サイバー 合同会社 CTO 兼 デロイト トーマツ サイバーセキュリティ先端研究所 所長 神薗 雅紀 氏

 モバイルネットワークの世代交代は、社会に大きな影響を与えてきた。デロイトトーマツ サイバーの神薗雅紀氏はこう説明する。「それぞれの時代に、キラーアプリケーションが生まれました。4Gではスマホでストレスなく動画を視聴できるようになりました。5Gでも新サービス創出への取り組みが加速しています」

 自動運転やエンターテインメント、スマートファクトリー、公共安全、遠隔医療などの新市場の主導権を握るべく、世界中のプレイヤーがしのぎを削っている。

 「5Gには超高速・超低遅延・多数同時接続という特徴がありますが、当然ながら信頼性は大前提です」(神薗氏)

 一方、モバイルネットワークにおけるサイバー脅威は年々増大している。契約数にほぼ比例して、モバイルマルウエアも増えてきた。「以前はネットワークに接続していなかったデバイスが、5Gの時代にはつながります。新しいサービスが生まれる一方で、脅威にさらされる分野も広がります。攻撃者にとっては、新しい機会が生まれることになります」(神薗氏)

ユーザーまでの一貫したサービス
「B2B2X」が5G以降に加速する

 5Gの便利なアプリケーションを活用してDXを推進しようとすれば、脅威も増大するだろう。その際、5Gならではの課題もあると神薗氏は言う。

 「5Gでは通信ネットワークを仮想的に分割することが可能です。借入側が求めるセキュリティ要件はそれぞれなので、提供側のセキュリティ要件と一致していなければ、問題に発展することも考えられます」

 企業に求められるのは、こうしたリスクに対処しつつ5Gをビジネスに生かすこと。デロイト トーマツ サイバーは5Gをはじめとする最新のICT技術を活用し、企業のDXや産業構造の変革に向けた取り組みを積み重ねてきた。

 「これまではB2B、B2Cビジネスを別々に考えるケースが多かったのですが、5G以降にはB2B2X、つまりエンドユーザーまで一貫したサービスが拡大すると私たちは考えています。また、都市OSなどの分野でも、5Gを組み込んだチャレンジを続けています」と神薗氏は話す。

 5Gの効果を最大限引き出すためには、セキュリティ対策は不可欠。その意味で、「セキュリティ対策はコストではなく投資」と神薗氏は強調する。この投資がなければ、5Gの効果を創出することは困難だ。デロイト トーマツ サイバーは5Gへの取り組みを、「攻」「守」の両面で拡充している。

これからのデロイト トーマツ サイバーの取り組み B2B2Xモデルを通じて、より広い産業課題により深くリーチすることが可能となる

これからのデロイト トーマツ サイバーの取り組み

問い合わせ

デロイト トーマツ サイバー 合同会社 http://www.deloitte.com/jp/cyber