日経ビジネス電子版Special

経営者の隣にデータサイエンスを。BrainPad

  • 先が読めないVUCAの時代、変化の波風に動じない経営戦略とは?
  • ビジネス変革の牽引役となる、デジタル人材をどう育てる?
  • R&D領域のDXで、市場に先駆けた新製品/技術を開発するには?

様々な課題に直面する日本の経営者。
この状況を打開するために必要なのは、「データ」の力だ。

組織内外に蓄積された膨大なデータを基に、未来への成長戦略を見出す。
そのためには、経営者とデータの距離を近づけ、
必要なとき、すぐにデータの価値を享受できる環境を整えることが欠かせない。

今こそ、経営者の隣にデータサイエンスを。

データを活用したDX支援企業・ブレインパッドが
飛躍を目指す経営者の最良のパートナーになる。
同社とともに変革に挑む企業の事例を基に、そのための方法を紹介する。

※ Volatility(変動性)、Uncertainty(不確実性)、Complexity(複雑性)、Ambiguity(曖昧性)の頭文字

  • Vol.1 早大ビジネススクール 入山教授に訊く「両利きの経営」とブレインパッドが目指すDXの共通点
  • Vol.2 データサイエンスでものづくりの未来を開く「材料開発のDX」でトヨタが目指すもの
  • Vol.3 地に足をつけ、実益重視の変革を推進 伊藤忠商事が目指す、DXの「その先」
  • Vol.4 データの力で持続可能な変革を推進する りそなHDが目指す、新しい銀行の形
  • Vol.5 「DX疲れ」を解消し、前向きな変革を 共創型のデータサイエンスで顧客を支援する