Facebook、メルカリ、DeNAが導入する デジタル先進企業の“爆速経営術”競争優位を獲得するDX戦略 〜「自動化」で開発からリリースまでを高速化〜 Facebook、メルカリ、DeNAが導入する デジタル先進企業の“爆速経営術”競争優位を獲得するDX戦略 〜「自動化」で開発からリリースまでを高速化〜

Facebookをはじめ、デジタル先進企業は
なぜ1日に何百回も機能追加や改善ができるのか?

DX時代において競争優位を保つには、アイデアからリリースまでの高速化がカギとなる。Facebookなど先進デジタル企業は1日に何百回も機能追加や改善を行っている。数カ月に一度、数週間に一度の改善頻度では、1日に何百回もの製品価値を高めている企業に太刀打ちできるはずがない。アイデアからリリースまでのビジネスプロセスを徹底的に改善かつ可視化し、経営議論を可能にすることが不可欠だ。

いかにIT人材不足を解消しながら、開発スピードの向上を図っていくか。その技術として有望なアジャイル開発やDevOps(デブオプス)とともに、重要なのが「自動化」だ。その効果を調査したDORA※1 の結果※2 がある。「自動化」を高いレベルで実現している企業は一般的な企業と比較した場合、新機能などを運用環境に展開する頻度が200倍、変更を加えて反映させるリードタイムが106倍速く、平均修復時間のスピードも2600倍、失敗率が1/7以下であると、衝撃的なレポートが出ている。
※1 DevOps Research and Assessment
※2 State of DevOps Report

グローバルではFacebook、GM傘下の自動運転開発会社Cruise、日本国内ではLINE、メルカリ、CyberAgent、DeNA、サイボウズなど先進デジタル企業は、テストや本番環境への展開といった手間と時間を要する手作業の「自動化」を進めている。IT人材不足の解消と持続的な価値の向上を実現するために、急速に関心が高まっている「自動化」技術としてのCI(継続的インテグレーション)/CD(継続的デリバリー)はビジネスパーソン必携の手法だ。

本資料は、DXにおけるソフトウェア力の重要性とともに、世界中で500万人の開発者、10万以上の企業からフィードバックされた調査結果に基づく「自動化」による具体的な効果について紹介。DXを加速するべく、開発現場はもとより経営層にもぜひ本資料を活用して欲しい。

無料ダウンロードはこちら↓から 経営層も知るべき“爆速経営術”と「競争優位」を獲得するDX戦略 デジタル先進企業が認めた「自動化」の要諦とは 詳細情報を無料公開中